iPhone 6とiPhone 6 Plus、どっち買うべきか?

140917-Image3.jpg

なおギズモード編集部チームが購入するのはiPhone 6が5人、iPhone 6 Plusが5人。いい勝負しています。

フルモデルチェンジとなったiPhone 6 / iPhone 6 Plusの発売ももうすぐ。旧モデルの下取りや厚遇なMNPサーヴィスなど、各キャリアが様々なプランを打ち出して「こっちの水は甘いぞー」と喧伝しあっていますが、さて、そもそも、iPhone 6とiPhone 6 Plus、どっちを手にしたほうが僕らは幸せになれるのでしょうか。

まだ本体発売前ですが、現時点でわかっていること、予想されていることを加味して考えてみましょうか。

iPhone 6のいいところ

・フリック入力に向いている

・今までのiPhoneで最薄の6.9mm

・普通のボトムのポケットに入れて持ち歩ける

・サイズに対してびっくりするほど軽いので、パズドラなどのゲームをプレイする人向け

・サッと出してサッと使えるアクティブな性格

140927SwiftKey00.jpg
image by SwiftKeyApp / youtube

iPhone 6とiPhone 6 Plus、もっとも大きな違いはディスプレイサイズです。前者は4.7インチと一回り大きくなりましたが、後者は5.5インチでさらにビッグに。必然的に、指が届かない範囲が増えました。というか左右の端から端まで、片手持ちで指が届くほど大きな手を持っている日本人はそういないはず。

普段から文字をフリック入力していたなら、iPhone 6 Plusは×。Androidのファブレットを使ったときにも感じましたが、ストレスが溜まる一方です。4.7インチ級のiPhone 6なら、よほど小さな手の人でなければ大丈夫でしょう。

同様に、パズドラのようなゲームを電車での移動中、立ちながらプレイする人もiPhone 6のほうがGOOD。ポケットに入れてサッと入れてサッと出して、TwitterやFacebookにポストしたい方もiPhone 6がお勧めです。

ポケットにもはいるので、常時手にiPhoneを持っておきたい人にはこっちのほうが合っているような気がします。6 Plusはカメラの性能をはじめとする単独機能が搭載されているのですが、使う用途がコミュニケーションツールが多いなら手軽さはやっぱり大きな魅力です。

iPhone 6 Plusのいいところ

・ヴューワーとして使うのにベスト

・マップ系アプリとの相性抜群

・外部機器のコントローラとしてもお勧め

・メールの送受信がしやすくなる

・両手打ちフルキーボード派感涙

・バッテリーの持ちもいい感じ

140917-Image10.jpg

画面の大きさは、画像や動画を見て楽しむなら大きなアドヴァンテージとなります。また画面解像度もiPhone6の1,334×750ピクセルに対して、iPhone 6 PlusはフルHD。共にRetina HDディスプレイですが、Androidでの似たような経験を思い出すに精細感は明らかに違います。

この大きさ、解像度ならマップ系のアプリとの相性もバツグン。つまりはIngress用としても以下略。

GoProなどのデジカメ、カムコーダーとWi-Fiで接続してコントローラとして使い場合も、iPhone 6 Plusの勝ちでしょう。iPhone 5とiPad mini Retinaを使って感じたのですが、大画面=余裕のあるコントローラ画面というのは正義です。使いやすさに大きな差が出ます。

140917iphone6_and_iphone6plus00.jpg

メールを頻繁にやりとりするならばやはりiPhone 6 Plusにアドヴァンテージがあります。iPadのように、横位置で持ったときにメール表題の一覧が表示されるので、目的のメールを探しやすくなります。これはメモやリマインダーでも同様とのこと。そして文字入力も、両手打ちのフルキーボード派ならやはりiPhone 6 Plusを選んだ方が幸せになれるはず。

バッテリー容量は明かになっていませんが、iPhone 6 Plusのほうが多く積まれているのは間違いありません。iPhone 6と比較してヴィデオ再生で+3時間、オーディオ再生で+30時間分、タフになっています。4G LTEでのネットアクセスに関しては+2時間。あちこちのポータルをめぐるエージェント様におかれましては、モバイルバッテリーの装備をお勧めします。

そして、カメラとして使うならiPhone 6 Plus一択

140917-Image7.jpg

背面カメラは両機共に、像面位相差型(と思われる)800万画素のセンサーを搭載してきました。これはニコンのNikon1シリーズや富士フイルムのXシリーズ、キヤノンのEOSにソニーαなど、各社のレンズ交換型一眼などに採用された、高速AFを可能にするセンサーです。

これに加え、iPhone 6 Plus光学式の手ぶれ補正機能を搭載してきました。これもまたミドルレンジ以上のデジカメに多く採用された機能です。

iPhone 5sなどにも電子式手ぶれ補正機能が搭載されてきました。使ってみるとなかなかの効果を発揮してくれてると思っていましたが、光学式手ぶれ補正機能が積まれるとあっては、選択肢はiPhone 6 Plusしかありません。

光学式ならデジタルズームがもっと使えるようになるでしょうし、動画撮影時の手ぶれもばっちり抑えてくれます。Instagramのハイパーラプスを使えば、リグとかグリップとかを使わずに、映画カメラ級のスムースな映像も撮れるはず。ちょっと暗いところの撮影品質も向上するはず。

もちろんちゃんとした写真が撮りたいならカメラ専用機のほうがいいに決まっているのですが、(そもそもスマートフォンは)マクロに強い、AFが速い、手ぶれに強いといった性格から、テーブルフォト子供&ペットの撮影スナップ撮影においては、iPhone 6 Plusが1つの結論となりそうです。

ボディの大きさは意外と慣れるものです

140917iphone6_and_iphone6plus01.jpg

ボディサイズさえ容認できれば、価格差があるにしてもiPhone 6 Plusのほうが魅力的なのは確実です。では、そのサイズ感がというと。

iPhone 6 Plusの大きさは高さ158.1×幅77.8×厚さ7.1mmで1万円札と同じくらい。強引に言ってしまえば普通のサイフより横幅は狭いんですよね。

iPhone 6より10.8mm、iPhone 5sより19.2mmほどプラス。数字で見ると逞しそうに感じますが、Xperia Zなどの使用感を振り返るに慣れの問題かなと。

と、いうわけで僕はiPhone 6 Plusの64GBを予約しました。みなさんはどうですか? どのモデルを選びますか?

※誤解を招く表現があったので一部修正させていただきました。(編集部)

source:アップル

(武者良太)