iPhone 6とiPhone 6 Plus、先行メタレヴュー

先行入手の海外メディアから情報解禁!

iPhone 6iPhone 6 Plus過去最高売れ行きを見せていて、Apple Payによるモバイル決済もゲームチェンジャーとなりそうです。デザインもより美しくなり、iOSも最新です。

そんなiPhone 6とiPhone 6 Plus、一部メディアではアップルから先行入手してレヴューしています。以下にどんな反応かを抜粋してまとめていきます(強調は訳者)!

ウォール・ストリート・ジャーナル

iPhone 6・iPhone 6 Plusを1週間ほど使ったが、今までの画面サイズ不足問題解消以上のことができているとお伝えしたい。199ドル(約2万1,000円、契約条件付き)のiPhone 6には4.7インチのスクリーンが搭載され、十分作業しやすい大きさになったし、私が今まで持ったスマートフォンの中で1番持ちやすい。iPhone 6 Plusは個人的には大きすぎると感じるが、100ドル(約1万500円)追加で手に入る5.5インチスクリーンは、タブレットを持ち歩きたくないパワーモバイルユーザの選択肢の1つとなるだろう。

ニューヨーク・タイムズ

約1週間使ってみて、iPhone 6の最良の部分はハードウェアではないことがはっきりしてきた。より大きなスマートフォンを模索した結果、アップルが作ったこのスマートフォンは、ひとつは少し小さすぎ、ひとつは少し大きすぎた。(略)最良の部分は、その中のソフトウェア、iOS 8にある。それは旧モデルでも利用できる。iOS 8によって、Androidの先進機能とアップルの使いやすさ・信頼性が1つになった。

***

スリムな新iPhoneは他の大画面スマートフォンを蹴散らす存在にはならないだろうが、我々がアップル製品に期待するとおりきちんと機能している。つきつめると、新iPhoneを競合より優れたものにしているのはそのソフトウェアである。

The Verge(iPhone 6iPhone 6 Plus

2、3の小さな例外を除き、これぞ大きなスマートフォンの正しいあり方だ。より薄く、快適で、よりタッチフレンドリーだ。だがアップルは大きくなった画面を活用する方法や、操作しやすくする方法を編み出さなかった。他のデヴァイスには賢いスクリーンアンロックの仕組みやスタイラス、分割画面でのマルチタスキング、常時オンの音声コントロールなどがある(iPhone 6でも「ヘイSiri!」と部屋の向こうから叫ぶことができるが、それはプラグインされているときだけだ)。

アップルは大きいスマートフォンの良さを示しているが、もっと大事な疑問には答えていない。それは、「どう違うのか」ということだ。

iPhone 6 Plusは少なくともその疑問に答えようとしている。いくつかのアプリはランドスケープモードのとき便利な2ペインモードで動き、ホームスクリーンもその横で回転する。だが「小さい方」のモデルでは、大きくなった画面への対策は唯一「Reachability」だけで、ホームボタンをダブルタップすると(でもクリックはしないで)画面全体がちょっと下に下がってくる機能だ。これは多分うまく働いてはいるが、画面上にアプリの半分しか表示されておらず、残り半分は空白だと、何か壊したようにも見える。

***

iPhone 6 Plusでの動画閲覧は素晴らしい。画面はiPad miniで16:9の動画を見るのとほとんど同じくらいの大きさだ。というのは、iPad miniは4:3の画面に合わせるため、16:9の動画をレターボックス化してしまうからだ。週末にSunday Ticketアプリでフットボールの試合をたくさん見たが、TVで見ようとは一度も思わなかった。これならYouTubeやVevoを1日中見ていられそうだ。出先での動画閲覧用にiPadを持ち歩いている人なら、iPhone 6 Plusがベストフレンドとなるだろう。

Fast Company

キャリアの契約が残っていないiPhoneユーザにとって、iPhone 6は今までで最も魅力的なアップグレードだ。iPhone 6のジャンボサイズの方は万人向けではないが、今までアップルが立ち入っていなかったカテゴリへの勝利の入場となっている。

***

最初からアップルは、iPhoneですべてをさせようとはしてこなかった。なるべく良い仕事をさせようとしてきただけで、忍耐力のない人を喜ばせようというアプローチではなかった。多くのユーザを待たせてきたが、アップルはついに要望の多かった機能を実現した。iPhoneファンの生活はこれでもっと良くなるだろう。そしてスマートフォン戦争は、関係するすべての人にとってより面白くなっていくだろう。

CNET(iPhone 6iPhone 6 Plus

iPhone 6は去年のiPhone 5sでやりそこねたスクリーンのアップグレードと機能追加だけと思われるかもしれないが、iPhone 5ユーザにとっては素晴らしいアップグレードだ。そしてついに、AndroidユーザでもiPhoneに戻ろうかと考えさせるようなスマートフォンでもある。だが全体として、iPhone 6はAndroidの機能の寄せ集めに、アップルらしい洗練されたハードウェア・ソフトウェアを添えたもののように見える。本当に、本当に良いスマートフォンだが、革命的ではない。が、Apple Payはアップル久々の最重要機能となるかもしれない。(略)iPhone 6・iPhone 6 Plusはそれを利用するための最初のチケットなのだ。

***

iPhone 6 Plusは万人向けではない。そのサイズこそが最大の難点でもあり、多くの人がiPhone 6か、iPhone 6 Plusかを判断するのもそこだろう。だがこのサイズのデヴァイスを日々使ってもいいと思える人なら、バッテリライフが改善しているだけでも追加100ドル(約1万500円)の価値がある。またカメラの性能改善や、目の悪い人なら大きい文字で読めることも魅力だろう。

TechCrunch(iPhone 6iPhone 6 Plus

iPhone 6は、今ある中でのベストフォンだ。重要な点ほとんどすべてにおいて改善されているし、新デザインに関しては、大画面を求めるユーザの要望に応えつつ、ケースを薄く軽く丈夫にすることでバランスをとっている。iPhone 6はアップルにおいてもっとも美しいスマートフォンであり、4.7インチサイズは大きなiPhone 6 Plusよりも広く受け入れられるだろう。

***

iPhone 6 Plusの印象は、全体的に極めてハイクオリティだということで、それは他のファブレットからは得られない感覚だ。このカテゴリ自体を評価しないユーザもいるかもしれないが、アップルは巨大スマートフォンとしては初めての優れたデザインを作り出した。

Engadget

iPhoneファンは、Androidユーザが長く当然としてきたものを手に入れた。それは、選択肢だ。今まで、ハイエンドのiPhoneを買うときには難しい判断は不要だった。買うか、買わないか、それだけだった。だが今はふたつの選択肢があり、見た目はまったく同じようだが、それぞれに検討すべきトレードオフがある。4.7インチのiPhone 6には、立派なディスプレイサイズと手の中での快適なフィット感がある。iPhone 6 Plusと両方1週間ほど使ってみたが、個人的に気に入ったのはiPhone 6のほうだ。一方5.5インチのiPhone 6 Plusは、片手では持ちにくい。だがバッテリライフが長くて大画面の、iPad的に使えるスマートフォンを求めるならこちらだろう。

***

というとiPhone 6 Plusが理想でないように聞こえるかもしれないし、実際それは万人向けではない。だが多くの人にとって、スクリーンサイズが大きいことには片手の快適さを犠牲にする価値がある。画面上のアイコンの行数が増えるだけでなく(iPhone 5sでは6 x 4だったのが、iPhone 6では7 x 4、iPhone 6 Plusでも同じ7 x 4だがアイコンがやや大きく、間のスペースも多くなっている)、メールやツイート、検索結果、Engadgetのポスト、カレンダーの予定、などなど、すべてがよりたくさん見える。画面スペースが増えるということは、コンテンツを見たり、作ったり、操作したりするスペースが増えるということで、それでもほとんどのジーンズのポケットには収まるサイズで(きつすぎなければ)、どんなiPadよりもポータブルだ。

Mashable(iPhone 6iPhone 6 Plus

iPhone 6と同じことができるスマートフォンは、他にもある。さらにサムスン Galaxy S5のように、より多くのことが可能なものもある。Galaxy S5やアマゾンのFire Phoneなどは、ユーザを見ていて、視線に反応する。それでも、iPhone 6ほど出来の良いものは他にない。旧iPhoneのエッジがなくなったのは寂しいが、iPhone 6は200ドル(約2万1,000円)の価格に対し、市場にある中でもっともエレガントかつ効率的なスマートフォンだ。

***

ファブレットを求めるなら、iPhone 6 Plusは非常に優れている。大きなスクリーンは動画を見たりゲームをしたりするのに適しているが、Webページやメールの情報もiPhone 6やiPhone 5s、その他小さなスマートフォンより多く表示できる。

Recode(iPhone 6iPhone 6 Plus

iPhone 6は現行iPhoneユーザにとっても、他の誰にとっても優れたアップデートだ。より大きな画面を、十分小さく持ちやすいサイズに収めている。今買えるベストスマートフォンとしておすすめしたい

***

個人的にiPhone 6 Plusが大きすぎると感じる理由は2、3ある。だが認めよう、魅力は感じている。本当に良いと思う。巨大スマートフォンが好きな人なら、iPhone 6 Plusを好きになるだろう。

それは主に、iPhone 6 Plusが単なるスマートフォンではないからだ。それは、ステートメント・フォンだ。アップルがここでやっているのは、特に革新的でもなんでもない。「うちもやるよ!」と叫んで、ファブレット満載のトラックを追いかけただけだ。それでも、iPhone 6 Plusはフレッシュかつ欲しくなる電話に仕上がっている。

Businessweek

iPhone 5sは、Androidスマートフォンの群れに対して、面取りされたエッジとライカのようなコントロールで際立っていた。だがiPhone 6は最新のGalaxy S5やHTC Oneの隣にあっても気づかないかもしれない。デザインは今も素晴らしいが、いくつかのディテールは不適切に感じる。背面を走るアンテナのラインや、飛び出したカメラレンズは、これまでのアップル製品に比べると若干規律を欠くようだ。

***

ユーザはすでにiPhone 6 Plusの大きさを批判し始めているが、私もiPhone 6 Plusは大きすぎ、日々使うには扱いにくいと感じている。バッテリライフは増え、カメラの手ぶれ防止機能もiPhone 6に比べて良いのだが、日常的に使いたいと思えるサイズを超えていることがわかった。つまりこう考えるべきだろう。iPhone 6 Plusとは、ほんのちょっと小さいiPad Miniなのだ。だから片手で扱うのはReachabilityがあっても無理があるし、普通サイズの頭のところに持つのはややおかしい感じがする。

Macworld

多くのiPhone 5ユーザにとって、iPhone 6はしっかりしたアップグレードだ。数日使って慣れれば、前のiPhoneを懐かしむこともないだろう。iPhone 6 Plusに関しては、間違いなく支持者が現れる。それは、iPhoneをつねに使いつつ極力バッテリパワーを必要としている人だったり、手が大きい人だったり、毎日使うコンピューティングデヴァイスがこれだけという人だったりするだろう。サムスンや他の競合によって巨大なスマートフォンにニーズを持つ人たちの存在が明らかになり、今その人たちがiPhoneを買えるようになったということだ。iPhone 6 Plusの意義はそこにある。

Pocket-Lint(iPhone 6iPhone 6 Plus

全体的に、iPhone 6のデザインとビルドには非常に感心した。まず実物に触ってみることをおすすめしたい。というのは、多くのメーカーに対し「プレミアム」ラインを見直したくなるような仕上がりだからだ。だが重要なのは、iPhone 6がiPhone 5sからの大きなアップグレードだと感じられることであり、iPhoneユーザがアップグレードしたくなるものということだ。

***

電車の中で片手でどんどんメールを読んだり、子どもを連れ歩きながらFacebookをチェックしたりする人にとっては、iPhone 6 Plusは大きすぎるかもしれない。リラックスしてiPhoneで動画をたくさん見たい人なら、iPhone 6 Plusがチケットになるかもしれない。

***

1週間iPhone 6とiPhone 6 Plusを使ってみたが、iPhone 6 Plusを使ってみては、iPhone 6に戻っていくという繰り返しだった。まるで、心は新しいエキサイティングなものに惹かれつつ、頭はよりプラクティカルで効率的で、慣れしたしんだデヴァイスを求めているかのようだった。

The Loop

iPhone 6は多分、iPhoneユーザにとってもっとも受け入れやすく、満足できるアップグレードだろう。iPhoneのように見え、iPhoneのように感じられながら、新しいデザインと機能を備えているのだ。

***

iPhone 6 Plusを使ってみて、これは長期間使わないだろうと確信が持てた。だがより多く使えば使うほど、もっと使いたくなっていった。

iPhone 6 Plusは最初は使いにくく感じられた。まるで「小さいiPad Miniだが、実は電話であるもの」を使っている感覚だった。それを日々使う状況を飲み込むのは難しかったが、最終的には大きい画面が私を圧倒した。

Stuff(iPhone 6iPhone 6 Plus

iPhone 6を評価するには、まずそれが「何でないか」を考える必要がある。

それは、メガスクリーンのファブレットではない。2Kディスプレイのピクセル王でもない。最強性能でも、最大メガピクセルでもない。もっとも長持ちするわけでもない。ベストAndroidフォンがそれらにあたる。

だがそれはただのスペックだ。iPhone 6は「何であるか」というと、それはベストなiPhoneだ。

***

iPhone 6 Plusは大きすぎると感じる人が間違いなくいるだろう。物理的にはあらゆるiPhoneよりはるかに大きいし、同等のAndroidよりも大きい。LG G3はスクリーンサイズは同じだが、比べると小さく見える。サムスンのGalaxy Note 4は5.7インチディスプレイだが、それすらもっと小さい。

とはいえ、超薄ボディとスムースな金属のビルドによって、予想よりは持ちやすく、使いやすくなっている。さらにiPhone 6より優れた点、特に大きな高解像度スクリーンとより長いバッテリライフがある。

Slashgear

iPhone 6 Plusは、ファンにことかかないだろう。私はこのマルチメディア性能と、生産性が気に入った。だが熱心なゲーマーやモバイル動画のプロ、またはACアダプタを極力使いたくない人でない限り、iPhone 6を選ぶだろう。

Yahoo Tech

iPhone 6とiPhone 6 Plusは非常に素晴らしいスマートフォンだ。高速でパワフル、デザインも優れている。改善されていないコンポーネントはひとつもない。見ても、持ってもうれしいスマートフォンだ。

T3(iPhone 6iPhone 6 Plus

新iPhone 6には、年1回のiPhoneアップグレードに期待してきたすべてがある。新しいデザイン、改善されたOS、洗練されたカメラ。違うのは、新しいデザインが久々のスタイリッシュさであり、OSの機能もブラッシュアップされたことだ。iPhone 6 Plusの場合、バッテリライフも本当に長くなったのは良い意味で期待を超えていた。

だが今回の目玉が新デザインとサイズにある一方、他の部分では比較的安全運転のように感じられる。生煮えで新しいものを出してしまうのでなく、こっそりいじっておこうという感じだ。

***

iPhone 6 Plusはアップルにとって大きな冒険だ。我々も最初は良いと思わなかったが、手ぶれ防止機能あたりから心配するのをやめて、好きになり始めた。フルHDのスクリーン(やっと…)は美しく、ディスプレイは大きく、ビルドはサイズを活かすべく最大限努力している。iOS 8の工夫によってタスクにかかる時間も明らかに速くなり、ランドスケープモードは驚くほどタイピングや整理作業に適している。機能的で、標準のiPhone 6もこうしてほしいと思うデザインだ。

The Guardian(iPhone 6iPhone 6 Plus

iPhone 6を1日、2日使ってみると、これまでのiPhoneが重く感じられる。薄さ以外にはっきり感じられるのは、エッジの曲線の滑らかさだ。だから左のエッジから右にスワイプしたり、右のエッジから左にスワイプしたり(これはアップルのメールアプリなどいろいろな場面で使う)するときの感触が楽しい。iPhone 5sや5cで同じジェスチャーをすると、面取りされたプラスティックのエッジに触れていた。それが不快というほどではなかったが、iPhone 6やiPhone 6 Plusではそこに滑らかな感触があるのだ。

***

大きい。大きすぎる。まったく大きすぎる。…ていうか、このスクリーンかなりナイスじゃないか? わ、こんなにたくさんのコンテンツが見られるんだ。手が慣れてきた。かなり気持ち良いんじゃないか?

iPhone 6 Plusを使ってみるとこんな心境になる。大きすぎと感じるだろうと予想していたし、第一印象はその通りだった。だが数分、または2、3日も経つと、この大きなスクリーンに不思議と魅力を感じているのだ。

The Telegraph(iPhone 6iPhone 6 Plus

iPhone 6もiPhone 6 Plusもできないことは無数にある。4K動画もない、他のモデルほどのピクセル数もない、HDオーディオもない。だがその見方ではポイントを外してしまうだろう。iPhoneを成功に導いたのは、ユーザーフレンドリーなシンプルさと十分先進的な機能、そして美しくうれしくなるようなデザインだ。iPhone 6にはそれがあり、並べてみるとiPhone 5sは時代遅れに感じられる。iPhone 6 Plusは大きいかもしれないが、大きい画面を求める人にとっては無類のものになる。

The Independent(iPhone 6iPhone 6 Plus

アップルはときどき、新iPhoneが旧iPhoneを軽く順当に改善しただけじゃないかといって批判されてきた。だが今回は違う。新デザイン、持てばわかるその薄さ、素晴らしい感触、そして性能によって、iPhone 6はiPhone 5sユーザでも迷わずアップグレードすべきものになっている。バッテリライフは改善され、カメラも進化、より大きく美しいスクリーン、高速なパフォーマンス、そしてもちろんApple PayやVoLTEへの期待、それらすべてが有意義だ。

スマートフォンの世界において、これは最大の飛躍だ。すでに成功しているiPhoneのさらに大きく改善されたヴァージョンだ。正直、可能なら6つ星を与えたい。

***

私にとってはiPhone 6が理想のサイズだが、手が大きい人、または目が欲張りな人には、iPhone 6 Plusが最適だろう。

USA Today

これがアップルファンの待っていたスマートフォンだ。新たな標準となったサイズに並ぶiPhone、大きく最新のスマートフォンディスプレイ。みなさんと同じく、私もうれしい。

みんなこの大きなiPhoneを近くで見たり、ポケットやバッグの中での感触を確かめたりしないまま、信じて購入予約している。私自身も予約したが、予約したみなさんが後悔することはないと言いたい。ただ、大きなサイズによって多少調整が必要なことはあり、私自身も多少面倒だった経験はある。

Sean Hollister - Gizmodo US[原文

(miho)