大きくなったiPhoneの新機能、片手モード「Reachability」の動画

140910_reachability.jpg

iPhone 6もiPhone 6 Plusも、今までよりも大きくなったね。

端末サイズが大きくなると、とてもわかりやすい問題がでてきます。それは片手で操作しにくくなること。もちろん大きい端末に合わせた新たな使い方というのはあるでしょうが、アップルは従来の片手操作ユーザのことも置き去りにしません。新機能Reachabilityは、片手モードで使える新UI。

ホームボタンの2度押しで、スクリーン全体を下半部へとスライドさせることができます。そうすることで、親指との位置が近くなるので、ディスプレイ上部に無理矢理片手で指を伸ばす必要がなくなるわけです。ね、大きくなっても片手でいけるよ。

source: 9to5mac

(そうこ)