世界初のiPS細胞を使った手術が可能になった理由

世界初のiPS細胞を使った手術が可能になった理由 1

ついに実用化への第一歩です。

理化学研究所は12日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った手術を世界で初めて行ったと発表しました。この手術は患者の皮膚から採取した細胞をiPS細胞にしてさらにそこから網膜細胞を作り、シート状にして移植するというもの。被験者は加齢黄斑変性症という眼の病気で、日本でも失明の原因の5位にもなる疾患なんだとか。

iPS細胞は2006年に誕生して以来、再生医療への応用が期待されてきましたが、いざヒトに移植するとなると拒絶反応や癌化の問題がありました。今回は患者自身の皮膚からiPS細胞を作るということ、さらに移植する細胞が少量であることや手術後も観察しやすい部位(眼球)だったため手術が可能になったようです。

8年前に誕生したばかりの技術ですが、自分の皮膚から作った細胞を他の臓器に移植するという段階までもう来ているのですね。今後はさらなる普及、安全性の確認、そして他の臓器の応用にもますます期待です。

image by LOUISE HUGHES / SCIENCE PHOTO LIBRARY

source: 理化学研究所

(ケンタロー)