旧ソ連が建設した、雷シミュレータのマッド・サイエンス感が半端ない

旧ソ連が建設した、雷シミュレータのマッド・サイエンス感が半端ない 1

モスクワの郊外に、まるで原始林に隠されるように存在する謎の建物。これは、旧ソ連によって建設されたこの建物は、6メガボルトの雷を発生させる超ド級の実験施設です。このポートを用いて、航空機や戦車にバリバリと放電していたのかと考えると、そのマッドぶりに胸が熱くなりますね。

兄弟メディアのコタク・ジャパンでは、放電の様子を撮影した動画を掲載していました。撮影を行ったスタッフは髪の毛が逆立ち、数メートル離れたブルーライトが点滅するという怪現象に見舞われたそうです。

source: コタク・ジャパン

(ギズモード編集部)