インテリアにもなるツタの電源ケーヴル

    インテリアにもなるツタの電源ケーヴル 1

    見苦しいコードとはオサラバだ!

    時代はワイヤレスで、家中をLANケーヴルが這い回ってパソコンとモデムをつなぐなんて光景は過去のものとなってきましたけど、いまだに視界から消せないのは、電子機器の数だけ必要な電源ケーブルではないでしょうか? いずれも電気なしでは使えないので仕方ないのかもしれませんが……。

    インテリアにもなるツタの電源ケーヴル 2

    と思いきや、このほどクラウドファンディングサイトのKickstarterに登場した「ElectroVine」は、美しいツタに覆われた6フィート(約1.8メートル)の長さの電源コードとなっており、インテリアとしてもナイスな仕上がりですよ。なんだかこうやって細工されているだけで、グリーンでエコな電力が供給されているようにも見えてきませんか!?

    なお、ElectroVineは屋外でも使える仕様となっており、35ドルでドシドシと出資者を募っています。もっと今後は身近に買えるようになったらいいですね~。

    source: Kickstarter

    Jordan Kushins - Gizmodo US[原文

    (湯木進悟)