革命的アイデア。あるはずのものが一切ない図書館

革命的アイデア。あるはずのものが一切ない図書館 1

近未来的な見た目もピッタリ。

こちらの写真はフロリダ・ポリテクニック大学の新しい図書館の様子です。しかし何かがおかしい...。

309坪もの広大な敷地に6,000万ドル(約63億円)もの資金を投資してできた、サンティアゴ・カラトラヴァさんの設計によるこの建物には、が一切置かれておらず、電子図書のみが閲覧できるようなシステムを有しています。

図書館の仕組みはこうです。まず発行元との契約により、生徒の誰かが初めてアクセスした時には、どの本でも無料で閲覧する事ができます。その後、もし他の生徒がその本を読もうとした時には、図書館が自動的にそれを出版社から購入し、コレクションの一部となります。なんでこんなシステムが上手く働くのでしょうか?

その理由はフロリダ・ポリテクニック大学の特性にあるのかもしれません。同大学の専門はサイエンス、テクノロジー、工学、そして数学。これらの分野では、いわゆる文系科目よりも電子書籍が普及しており、それに対する考え方も寛容なんです。

source: Library Journal, Guardian via Verge

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(Tomo)