多分、世界最大級の恐竜の化石、発見されました

多分、世界最大級の恐竜の化石、発見されました 1

まだまだ私たちの知らない恐竜が地層の中に眠ってるんですね。

アルゼンチンで新種の恐竜が発見されました。それはそれは大きい子が。重さはなんと約65t! 圧倒的な強さを誇ったがゆえに、そのドレッドノートという名前が、「恐れ知らず」の意味として使用されるようになったイギリス海軍の戦艦の名にちなんで、ドレッドノータス(Dreadnoughtus)と命名されたそうです。

ドレキセル大学のKenneth Lacovara博士が発見したドレッドノータスは、チタノサウルスの仲間の竜脚類恐竜で37フィート(約11.2m)の長い首と、29フィート(約8.8m)の尾を持っていています。これだけでもかなり巨大ですが、今回見つかったのはまだ成長途中の若いドレッドノータスだったというのですから驚きです。ちなみに、身近なものと比較してみると…

・ボーイング737よりも重い

・バスケットボールのコートよりも長い

・象12頭よりも重い

・尾っぽの長さは、現在の幅跳びの世界記録の距離と同じ(わかりづらいかも…)

多分、世界最大級の恐竜の化石、発見されました 2

何故これだけ詳細な情報がわかったのかと言うと、今回発掘された化石の保存状態が良かったからだそう。具体的に言うと、今まで見つかったチタノサウルス属の化石の中で最も完璧に近い70%の骨を見つけることができたから。この良質な化石によって、科学者たちは見つかったドレッドノータスの体重や大きさを見積もることができたんです。このグループの恐竜でこんなことができたのは初めてだったそう。チタノサウルス属の中では、他にもスーパーサウルス、ギラファティタン、アルジェンティノサウルスなども発見されています。でも、見つかった骨の量の都合で今回のように精度の高い見積もりをすることができていない状況ということもあって、この巨大なドレッドノータスが地球上最大であるとは断言できないそうです。

ただ、ドレッドノータスの16トンもある骨を発見したKenneth Lacovara博士は「多分、陸生動物の中で最大だと考えている」とも言及しています。

多分、世界最大級の恐竜の化石、発見されました 3

近々、科学者たちは145個の骨をレーザー・スキャニングしてインターネットで公開することを予定しているそうです。イマジネーションを膨らませながらドレッドノータスの姿を頭の中で思い浮かべてみてはいかがでしょう? 迫力を体感できる骨格標本が見てみたいですね。

source: Drexel University via WSJ

Leslie Horn - Gizmodo US [原文

(junjun)