マーク・ニューソンの考え方とデザインワークを動画で見てみましょう

マーク・ニューソンの考え方とデザインワークを動画で見てみましょう 1

そしてK-01を買おういますぐ買おう。

Vanity Fair誌が、オールラウンダーなプロダクトデザイナーとして名高いマーク・ニューソンがアップルにジョインしたと報じました。このタイミングでということは、iWatchにも関わっているのではと勘ぐってしまいますね。

日本では携帯電話の「talby」、デジカメ「K-01」、MP3プレーヤー「SN-A800」のデザイナーとして有名ですが、他にもヴィヴィッドなプロダクツを手がけているんですよ。

マーク・ニューソンがデザインした日本刀「aikuchi」。岩谷堂箪笥、秀衡塗、そして法華一族という、東北の伝統工芸職人とのコラボレーションです。

そこからのお風呂回りですよ。この振り幅の広さ。

オリバー・アイク&マーク・ニューソンが立ち上げた時計メーカー、アイクポッド。そのハンドメイド砂時計の製造シーンです。

イギリスBBCで放映された、マーク・ニューソン特集番組。家具、食器、車など、今まで彼がデザインしてきたプロダクト総ざらい。

マーク・ニューソンのみならず、ジョナサン・アイヴ、ディーター・ラムス、深澤直人氏ら、現代プロダクトデザインの巨匠が集まった映画「Objectified」。日本公開はされず、DVDも字幕なしでしたが、これは押さえておくべき。

そして、マーク・ニューソンの自宅です。ステキすぎます。

最後にペンタックスK-01のインタヴューシーンをどうぞ。彼のデザイン哲学がアップルでどのように昇華するのか、楽しみですね。

(武者良太)