苔生す本棚

140912moss.jpg

ただ木を切ってヤスリがけして塗るだけじゃつまらない、もっと元の自然の木のかたちを残したい。

そんな発想から生まれたのが「Undergrowth」、イタリアのデザイナーデュオAlcarolがつくった本棚です。丸太の片面を苔生すままに残しました。

樫の木は、ドロミティ山塊の下生え(undergrowth)に転がっていた丸太です。そこから板を切り出して、苔のところは樹脂加工しました(苔のジュエリー加工でよく使われる手法)。ちっちゃなテラリウムみたい。

140912moss_a.jpg

140912moss_b.jpg

ロンドン・デザイン・フェスティバルに出展した樹脂加工3部作のひとつです。2作目はドローミティで拾った苔石を加工した「Dolomyth」。

140912moss_c.jpg

3作目は「FishEye」。この真ん中のは、長年海水に洗われた古い丸太です。黒い点々はフナクイムシの穴

140912moss_d.jpg

image by Alcarol

source: designboom

Sarah Zhang - Gizmodo US[原文

(satomi)