セルフィは次の段階へ。レディ・ガガも身につけたセルフィハット

セルフィは次の段階へ。レディ・ガガも身につけたセルフィハット 1

脱帽。

レディ・ガガなどのドレスをデザインしてきたデザイナーのChristian Cowan-Sanluisとエイサーのコラボレーションで、かなり奇抜なセルフィハットが公開されています。ピンク色のギラッギラなつば広帽子にはタブレットなどを入れておくケースが下がっていて、常にカメラをベストポジションにキープしておくことができるというアイテムです。

セルフィは次の段階へ。レディ・ガガも身につけたセルフィハット 2

近年のタブレット軽量化で実現が可能になったともいえるこのセルフィハット。3世代iPadとかだったら、重すぎて支えきれないでしょうからね。特に女性の場合は、撮影アングルによって生まれるクオリティの差を知り尽くしていますから、帽子を回転させるだけでベストポジションを維持できるのは助かるかもしれません。たぶん。

セルフィは次の段階へ。レディ・ガガも身につけたセルフィハット 3

今年初めにこのセルフィハットを身にまとったレディ・ガガの写真。全身ギラギラです。すてき。

鏡を入れておけば自分を常に眺めることもできそうなセルフィハットはChristian Cowan-Sanluisのファッションプレゼンテーションでディスプレイされたとのこと。タブレットだけではなくファブレットにも対応するミニケースタイプのリクエストも貰っているそうなので、これからいろいろなモデルが登場するかもしれませんね。ブルーやゴールドバージョンとかね。

ちなみにお値段は599ポンド(約10万5,000円)。タブレットより高い。

source: DailyMail, Mashable

(今野愛菜)