ヴァージン・ギャラクティックが、初フライトを延期

ヴァージン・ギャラクティックが、初フライトを延期 1

宇宙旅行までもう少しだけど、まだもうちょっと先。

何もかも計画通りとはいかないヴァージン・ギャラクティックですが、確実に民間宇宙旅行実現へ向けて歩みを進めつつあります。でも、初フライトはどうやら延長を余儀なくされそう…。

ニューメキシコ州にあるSpaceport Americaから出発予定の初フライトは、2014年内を予定していました。が、創設者であるリチャード・ブランソンが、米有名テレビ司会者デイヴィッド・レターマン氏に語ったところによりますと、年内の初フライトは難しく、実現は来年の春頃になりそうなんだとか。

ジョージ・T・ホワイトサイズCEOは、「お客様は絶対に飛びたいわけです。しかし、一方で私たちの準備が整わなければ飛べないこともわかってらっしゃいます」と語り、計画を早急に進めるも、焦りたくはないとコメントしました。そりゃそうですよね。25万ドル(約2,500万円)もするフライトチケット、そりゃ飛びたいですけど、無事帰って来るのがまずは絶対ですもん。

初の民間宇宙旅行だけに、安全面は妥協できない問題です。

source: Mashable

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)