改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る

改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る 1

映画公開から4年近く経っても。

それはそれはセンセーショナルな映画でした。「トロン:レガシー」の車両デザインを手がけたのはダニエル・サイモン氏。彼の打ち出した未来を彷彿とさせる乗り物たちは、今なおテクノロジーの「その先」への想いを強く打ち出しています。

改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る 2

改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る 3

改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る 4

改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る 5

改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る 6

改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る 7

改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る 8

改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る 9

改めてじっくりと。「トロン:レガシー」のコンセプトデザインに未来の夢を見る 10

ダフト・パンクの音楽も最高でしたね。

最後にデザインの様子を映した動画を貼っておきますね。

なお、FacebookTwitterWebサイトにてダニエル・サイモン氏の最新情報にチェックできますよ。映画の方も見たくなってきちゃった。

Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

(嘉島唯)