パスワードいらず! 心拍で認証できるシステムってアリ?

パスワードいらず! 心拍で認証できるシステムってアリ? 1

メジャーなオンラインサービスが次々とハッキングされるこのご時世。

セレブの個人情報だけじゃなく、あなたのクレジットカード情報が狙われたりダダ漏れになってしまわないかと、なかなか安心できないですよね。そこで、一人のカナダ人が解決方法を考え出したんです。それは、あなたの心臓の鼓動を認証方法として使用するというアイデア。

生態認識のスタートアップBionymが考えたソリューションは、ECG(心電図)センサーを内蔵したウェアラブルNymiを使用します。このウェアラブルに付いているECGセンサーが心臓の電気的活動を測定し、その結果で身分が証明されログインやトランザクションが認証される仕組み。

ただ、今のところ、このウェアラブルのNymiは開発中で、実現するには1,400万ドル(約15億円)が必要な状況…。道のりは厳しそうです。でも、このECGセンサーが常に的確で約束通り安全ならば、キラーウェアラブルになるかもしれません。このアイデアは本当にカッコいいですよね。

でもApple Watchみたいにスマートウォッチにも良い心拍センサーが内蔵されていますから、早くしないと既存の技術を応用して決済に使えるようにしてしまう可能性も…。

投資者が現れて、アイデアを形にして実現することができるのか? 見守りたいですね。心臓の鼓動パスワード、皆さんなら使ってみたい?

source: Bionym via Forbes

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(junjun)