ヒントは宇宙旅行。また行きたくなる病院

140928vasily.jpg

日本でも作って欲しい!

この帆船のようなデザインのリゾートホテ…ではなく、スパ完備「White Sails Hospital and Spa」。病院嫌いの人でも安心して行ける医療施設というコンセプトで、チュニジアにて建設が計画されているですよ。

あの病院の白い病棟へと足が近づく度に幸せな気持ちが消えていく…そんな経験を自ら強いられた私は、だれも不安を感じることのない病院を作り上げたいと考えました。私の息子が「パパ、次はいつあのに行けるの?」と楽しみに尋ねられるような病院を。

そう語って、White Sails Hospital and Spaのコンセプトデザインを初公開したVasily Klyukin氏は、モナコに本社を構えるSovcombank銀行のオーナーで、ロシア生まれの大富豪。来年にはVirgin Galacticの宇宙船に乗り込んで民間宇宙旅行へと旅立つ人物としても話題です。宇宙旅行の準備中のKlyukin氏は定期検診を受けなければならず、通院の億劫さからWhite Sails Hospital and Spaの発案にいたったんだとか。建築設計の趣味が高じて、本当に夢の病院を建てる計画を発表してしまうなんて大富豪ならではの解決策ですよね。

White Sails Hospital and Spaは、4棟から成る高層病棟が海に浮かぶ帆船に模して美しくデザインされています。加えて医者から看護師に至るまで、院内の医療スタッフは全員が航海士船員の制服で身を包み、あらゆる患者が、まるでスパを併設した海上リゾートのような感覚で過ごせるような趣向を凝らしているんだそう。

なお、まだ具体的なWhite Sails Hospital and Spaの建設プランまでは明らかにされていませんが、すでに同コンセプトに賛同する出資者も出始めています。ホテルまで完備できれば、チュニジアの新たな観光名所となることも間違いなしでしょうね。通院嫌いを解消する世界で最初の病院完成、楽しみですね。

source: Vasily Klyukin via Gizmag

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)