テリー・ギリアム監督、最新作の主人公はハッカー

テリー・ギリアム監督、最新作の主人公はハッカー 1

奇才の最新作…!

こちらは、Film School Rejectsが報じた、テリー・ギリアム監督の新しい作品「ザ・ゼロ・セオラム (The Zero Theorem)」のポスターです。

テリー・ギリアム監督は、「未来世紀ブラジル(1985年)」や「12モンキーズ(1996年)」などの近未来SF世界を舞台とした作品で知られ、今回もその世界観は健在です。エキセントリックなハッカーのコーエン・レス(演じるのはクリストフ・ウォルツ)が、「ゼロの定理(ザ・ゼロ・セオラム)」という究極の問題の解明を通して、人生の意味を見いだそうとするというストーリーには、予告編だけ見ても、いたるところにギリアム・ワールドが炸裂しています。

予告編も合わせてお楽しみください。

日本公開が楽しみですね。

Omar Kardoudi - Gizmodo SPLOID[原文

(Tomo)