最短2分でエボラウイルスを除去するロボットが活躍中

最短2分でエボラウイルスを除去するロボットが活躍中 1

続々と配備中……。

エボラ出血熱の蔓延が世界を震撼させていますが、米国内250箇所を上回る病院で、Xenexが開発した消毒ロボット「Little Moe」の導入によって、エボラウイルスの徹底除去に挑んでいるとのことですよ。

Little Moeを室内にセットすると、太陽光よりも2万5,000倍も強力なキセノンヴェースのUV光線を発して、エボラウイルスをDNAから融解して破壊します。1.5秒毎に発する非常に強力なUV光線が、Little Moeから半径3メートル内のエボラウイルスを死滅させ、始動から最短2分で安全を確保するとされています。

10万4,000ドルから購入可能なLittle Moeは、すでに米国内で初のエボラ感染患者が運び込まれた病院を始め、数多くの医療施設で活躍中です。UV光線で周囲を殺菌する装置そのものは新しくないとのことですが、Little Moeの高速処理性能は世界最速と脚光を浴びているようですね。

source: dailymail

(湯木進悟)