20年後の自分と話ができるウェブサイト「Future Self」

20年後の自分と話ができるウェブサイト「Future Self」 1

そっちはどう? 私は、何してる?

10年後、20年後、世界はどうなっているのでしょう? 10年前なかったスマートフォンが今や当たり前ですから、20年後の世界は想像もできない世の中になっているのでしょうか。世界はもちろん、私は何をしているのでしょう? どこに住み、誰と会い、何を食べているのでしょうか。そんな未来への気持ちがちょっと満たされるウェブサイトがあります。

イギリスのモバイルネットワーク会社Orangeが制作したサイト「Future Self」は、20年後の自分と向かい合って会話ができる不思議なサイトです。ディスプレイの中だけ20年後にタイムスリップしているんですもんね。

Future Selfでは、顔認識テクノロジを使い、今の自分の顔を元に20年後の自分を作り出してくれます。サイトにアクセスすると、カメラとマイクへのアクセスを許可し、まずは顔を撮影。その後、目の色や肌のトーンなど細かい部分を選択して調整すれば、画面の中に20年後の自分がでてきます。あとは、20年後の自分と好きに会話をすることができます。未来のこといろいろ聞いてみたくなりますよね。

かなり凝ったサイトですが、制作を手助けしたのはデジタルスタジオJam3。リアリスティックな未来の顔を動きを表現するのはなかなか苦労したということです。

20年後の自分と話ができるウェブサイト「Future Self」 2

20年後の自分と話ができるウェブサイト「Future Self」 3

source: Future Self via Peta Pixel, FastCo

Ashley Feinberg - Gizmodo US[原文

(そうこ)