2分で充電、20年もつ次世代リチウムイオン電池できました

141015LiIonBatteriesBreakthrough.jpg

シンガポールの南洋理工大学が2分で7割充電できる次世代リチウムイオン電池を開発しました。電気自動車は15分で満タン。電池寿命もドーンと伸びて20年です!

新電池技術はとりあえず疑ってみるのが正解ですが、今回のブレイクスルーはかなり期待が持てそうですよ。というのもこれ、全く新しい技術というわけではないんです。既存のリチウムイオン技術を改善しただけなので、すぐにでも応用ができるメリットがあります。

鍵を握るのは、ナノ構造という形です。

今のリチウムイオン電池は陽極を黒鉛(グラファイト)で作ってますけど、この新技術では黒鉛ではなく安価な二酸化チタンのジェルで作っているのです。そう、日焼け止めクリームに紫外線吸収剤として配合されてる成分ですね。

科学班が発見したのは、この化合物(二酸化チタン)を、充電スピードが上がるナノ構造に変える方法です。たったそれだけのことなのに、この新技術を使うとリチウムイオン電池は充電が20倍速くなり、20倍長寿になるんでありますよ。これぞイノヴェーション。

「われわれのナノ技術では、電気自動車もたった5分の充電でも走行距離はだいぶ稼げる。今のクルマのガソリン給油時間と並んだかたちだ」(ナンヤン工科大学Chen Xiaodong准教授、プレスリリースより。チームのお写真はこちら

いや~こんなのが現れたらスマホの七面倒臭い電池ケアもラクになりますね。

研究班ではあとたった2年で市場に投入できると話しています。つい先日も30秒でスマホフル充電の新技術のニュースがありましたが、今回のは既存の技術をものすごく沢山使ってるので、あながち2年というのもない話しじゃない気がします。

それにしても20年もつ電池となると電池の値段も、長くもったぶん、途中でご褒美がもらえるような新しい料金体系が必要になりますね。死んだバッテリーの買い替え需要で儲ける会社には罰金、とかね。

source: NTU

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(satomi)