新太陽光発電は蓄電もできるようです

新太陽光発電は蓄電もできるようです 1

バッテリーなし、効率よし、コスト低いなど、いいことだらけ。

エコでクリーンなエネルギーを得られると注目を浴びている、太陽光発電。しかし、この方法には効率が悪いという問題があります。たとえば、電子がソーラーパネルから貯蓄バッテリーに動く時に、20%ものエネルギーが失われてしまうのです。

しかし、新技術によってこの問題は解消されるかもしれません。新しく開発された太陽光電池は、100%のエネルギーを貯蓄できるのです。その理由は太陽光電池そのものがバッテリーの役割も果たすため。

産業に革命を起こすであろう、この太陽電池技術はオハイオ州立大学の研究者たちによって生み出されました。メッシュ状のハイブリッド機器は太陽光と酸素で働き、シンプルな化学反応によって蓄電することも可能。また、従来のものより25%のコストタウンも見込めるんだそう。

この技術は、すでにメーカーには売られているそうです。この新しい太陽電池が、僕たち一般ユーザーの日常にとけこむ日はそう遠くないかもしれません。

source: phys.org/

Adam CLark Estes - Gizmodo US[原文

(Tomo)