過去30年間、映画ポスターをモダンアートに変えてきた男

本人のことは知らないけど作品は観たことあるかも!?

Drew Struzanさん映画ポスターの巨匠。ここ30年間、数々の名作映画のポスターを描いてきた人なんです。スターウォーズ、インディージョーンズ、グーニーズ、ET、ランボー、ポリスアカデミーにハリーポッターなどなどなど、そうそうたるラインナップに圧倒されてしまいます。

こんなにも多くの有名な映画ポスターを依頼されるのは、Drewさんの描くポスターは映画の世界観を上手に1枚のポスターに表現してくれるので、ポスターを観た人が思わずこの映画を観に行きたくなるようなそんな雰囲気を創り出してくれるから。そして、Drewさんの作品は映画の広告という領域を超えてアートだから。

そんなDrewさんのドキュメンタリーThe Man Behind the Posterが去年製作され、その中でスピルバーグ、ハリソンフォード、ジョージルーカスなどなどそうそうたる人たちが彼を絶賛しています。

このドキュメンタリーでは、紆余曲折しつつも奥さんとの愛あふれるパートナーシップとアートへの情熱によってDrewさんが成功していく軌跡を綴っています。そして、このドキュメンタリーの見どころは、Drewさんの作品の数々や彼の職人技を観ることができること。そして、Drewさんが彼がやっていることを敬愛し、誠実に向き合っている姿からは生きる姿勢を学べるようなきがします。なんて、堅いこと言ってしまいましたが、映画好き、アート好きな人が単純に楽しめるドキュメンタリーです。

source: Netflix

Jordan Kushins - Gizmodo US [原文]

(junjun)