薄くパワーアップした360度回転「Yoga 3 Pro」ファーストインプレ

141011yoga3pro0.jpg

2014年最強のモデルでは?

レノボが発表した、タブレットにもなる2 in 1コンヴァーチブルデヴァイスのウルトラブック「Yoga」は、その360度回転型の液晶デザインが話題になりましたよね。次期モデルとしてリリースされた「Yoga 2 Pro」は、バックライトキーボードや3,200☓1,800ピクセルのQHDディスプレイへとアップグレードを果たしましたが、新たに発売が迫る最新モデル「Yoga 3 Pro」は、さらなる洗練されたデザインやスペックに仕上がっていますよ!

141011yoga3pro1.jpg

13.3インチのQHD+タッチスクリーンディスプレイを搭載するYoga 3 Proの最大の特徴は、腕時計のメタルバンドにヒントを得て開発が進められたとされる「ウォッチバンドヒンジ」です。従来モデルは2カ所のヒンジで支えられていましたが、Yoga 3 Proは6カ所に増えたヒンジで、より滑らかな開閉動作と安定性のアップを実現。おまけにウォッチバンドヒンジは、アルミおよびスチール製の813ピースものパーツで構成された、非常に精密な新デザインヒンジに仕上がっており、なかなか渋いルックスを備えるにも至っていますよね。耐久性能も抜群で、計2万5,000回に及ぶ開閉テストをパスしてリリースされたことが明らかにされていますよ。

141011yoga3pro2.jpg

Windows 8.1をOSに搭載するYoga 3 Proは、1.39kgの重量で15.5mmの厚みボディだったYoga 2 Proと比較して、重量は200g軽くなった1.19kgに、ボディの厚みは2.7mm薄くなった12.8mmへと仕上がっており、さらなる薄型軽量化に成功しています。ほぼUSBポートと同じ厚みの本体ボディデザインが実現しているのは圧巻ではないでしょうか……。

その秘密を握るのは、新たにCPUをCoreからCore Mシリーズへと変更した要因が大きいようですね。採用されている「Intel Core M-70」プロセッサは、省電力のファンレス設計のため、非常に珍しいUSBポート経由での充電が可能となっていますよ。通常ならばACアダプターをつなぐ電源ジャックが標準装備されるところですが、Yoga 3 Proは、本体左側に備わるイエローカラーのUSB2.0ポートから、専用のACケーブルを接続すると給電される仕組みになっているんですよね~。

141011yoga3pro3.jpg

360度可変のウォッチバンドヒンジは、まさにどのお好みの角度にも安定してホールドされる出来栄えで、これまで課題ともなっていた、キーボード面を底にして置く「スタンドモード」時の画面タッチも操作感が向上していますよ。当然ながら、パソコンとしての使用感もバッチリですね。

なお、新たに本体右側に装備されたリカヴァリーボタンと、レノボがオリジナル開発した「Harmony」アプリとのコンヴィネーションも抜群で、どの角度で液晶ディスプレイを固定して使用したかのシーンに応じて、ソフトウェア利用頻度が自動的にトラッキングされるようになっており、次に同じ角度でヒンジを開いてシステムをレジュームした時のアプリランチャーが、使えば使うほどスマートになっていく仕組みを備えています。

141011yoga3pro4.jpg

ちょっと良いポイントばかりをクローズアップしすぎましたので、もしもYoga 2 Proからアップグレードしたら残念に感じてしまいかねないウィークポイントについても一言。新開発のウォッチバンドヒンジは素晴らしいアイデアだとは思いますが、タブレットモードで使用する時には、シャーシとの若干の隙間ができるデザインになってしまったので、やや違和感を覚えてしまうユーザーが出てくるかもしれませんね。

ただ、その他の点では、パワーユーザーも十分に満足できるスペックを備えているのではないでしょうか。電源ポートともなるUSB 2.0ポートに加えて、2個のUSB 3.0ポート、micro HDMIポート、512GBのSSD、8GBのメモリ、4-in-1カードリーダー、マイク・ヘッドフォンコンボ端子、720pのHDフロントカメラ、マイク、Bluetooth 4.01への対応やIEEE 802.11ac/a/b/g/nのワイヤレスLAN接続、ステレオスピーカーには本体モードに応じて音響を調整するJBLのオーディオ技術を搭載などなど、ハイエンドウルトラブックとしても優れた性能を装備していると評せるでしょう。

洒落たクレメインタインオレンジ、シャンパンゴールド、プラチナシルバーの3色から本体カラーを選択可能で、バックライト搭載キーボードでのタイピングも快適ですよ。実際の発売価格との相談とはなりそうですが、Windowsベストモデルに入ってきそうでしょうかね!

Sean Hollister - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)