Apple Watchで使うアプリ・コンセプトデザイン版

141014applewatchappconcept.jpg

ん、なんかいい!

Apple Watchがリリースされるのは、鬼も笑う来年の話。しかし、Apple Watch用のアプリを制作する開発者達は、すでにあれこれ作業をしているわけです。とあるデザイナーグループが、Apple Watchのアプリはこうなるだろうと、アイディアをまとめています。そのコンセプト画像がこれですね。

チャレンジとなるのは、iPhoneやiPadと比較して圧倒的に小さなそのスクリーンサイズ。開発者には、そのアプリの性質ごとに今までとは違うアプローチが求められます。タクシー系人気サーヴィスのUberやLyftは、乗り物に乗るためのプロセスが鍵となるアプリです。検索/オーダーしてから乗るまで、それを如何に手首で手軽に行なうか。そのUIデザインは、既存ユーザーならば馴染みのものでなくてはなりません。ただ、画面サイズも考えて、表示される情報はある程度精査して削る必要があるでしょう。小さなスクリーンなので、スマートフォンよりは使う時間が短くなるだろうことから、より手早く欲しい情報にたどり着けるUIが必要になります。

141014applewatchappconcept01.jpg

一方、TwitterやPinterestのようなソーシャル系サーヴィスは、とにかくブラウジングや何かを見つけることが手軽にできねばなりません。TwitterやPinterestのような読む/見る系サーヴィスを、一体どれほどの人が手首サイズのスクリーンで楽しむか、というリスクもあります。Uberのような、目的のためのプロセス系アプリや、音楽操作などのメディア操作系アプリは、手首でも十分活躍しそうなのは簡単に想像つきますけれどね。そう考えると、YouTubeアプリなんてどうなることか…。

Apple Watchの登場は、デザイナーにとって新たなチャレンジとなるのは間違いありません。うちのサーヴィスはこおスクリーンサイズには向かないという英断を下すところもあるでしょう。一方、手首だからこそ生きてくるUIやアプリだってもちろんあるはずです。すべては、デザイナーの手にかかっています。

まぁ、それも今の段階の話ですけれど。Apple Watchが実際に登場すれば、思いもよらなかった方向に行く可能性もあるわけで。開発者というのは、実に難しい商売ですね。

source: ThinkApps

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(そうこ)