時に速く、時に美しく、そしてタフガイ。「ARROWS NX F-02G」レビュー

Sponsored

141016ArrowsNX-01.jpg

スマホに求めているものが、すべて詰まっています。

NTTドコモからこの11月中旬に発売される富士通製スマホの新製品「ARROWS NX F-02G」。前回の記事では、ギズモード編集部・鈴木が、伊勢神宮へのお供に連れて行きました。日常生活だけでなく旅行でも大活躍できる、幅広いポテンシャルを持ったスマホです。スマホといえばここ最近は海外メーカーの躍進が目立ちますが、富士通は2014年度オリコン顧客満足度携帯メーカー(スマートフォン)総合1位を獲得した実績もあるんですね。

そこで今回は、ARROWS NX F-02Gはどんな機種なのか、レビューしてみたいと思います。

ARROWS NX F-02Gってどんなスマホ?

141016ArrowsNX-02.jpg

富士通製のAndroid搭載スマートフォンです。キャリアはNTTドコモ。富士通製スマホにしか搭載されていない高性能日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS(スーパー エイトック ウルティアス)」と、そのために最適化されたハードウェアの組み合わせは、他のスマホを寄せ付けない最強の日本語入力環境を実現しています。

CPUは、2.3GHz クアッドコア、OSはAndroid 4.4.4、RAMは3GBとなっており、動作はキビキビしています。

ボディは防水防塵仕様で、フルセグチューナー、おサイフケータイ、約2070万画素カメラ、DLNA、VoLTE対応など、現在スマホでできる機能はほぼ搭載されている、全部のせスマホです。

全部のせスマホですから、できないことはほとんどありません。スマホでいろんなことを楽しみたいという人には、とてもうれしい端末です。

デザイン

141016ArrowsNX-03.jpg

デザインを見てみましょう。前モデルの「ARROWS NX F-05F」に比べると、四隅がカットされた角ばったデザインとなっています。防水防塵仕様のためやや厚みがありますが、約5.2インチの大画面液晶ディスプレイを搭載しながらも片手でしっかりホールドできるのは、この角ばったデザインのおかげかもしれません。

141016ArrowsNX-04.jpg

ブラックモデルの背面はテクスチャー仕様になっており、滑り止めの役割にもなっています。これが、握ったときのホールド感の良さを向上させています。背面がツルツルしていると、思わず手から落としてしまう可能性が高くなりますが、本機はその心配はありません。

141016ArrowsNX-05.jpg

背面に富士通製スマホの特長である、指紋認証センサーがあります。どちらの手で持ってもちょうど人差し指の位置にセンサーがあるので、指紋を登録するなら人差し指がオススメです。また指紋認証だけでなく、画面ON/OFFのスイッチとしても使えます。

141016ArrowsNX-06.jpg

ちょっと気になったのが、カメラレンズ。かなり出っ張っています。取り扱いに少しだけ気をつけたほうがいいかもしれません。

液晶ディスプレイ

141016arrowsnxise-45.jpg

液晶ディスプレイは、約5.2インチのIPS液晶を採用。解像度はWQHD(1440×2560ピクセル)となっています。画素密度は564ppi。これは4Kテレビを超えています。

スマホにそんな高密度な解像度の液晶ディスプレイは不要ではないかと思うかもしれません。しかし、一度使ってみるとわかります。高解像度は正義です。ARROWS NX F-02Gで撮影した写真や動画の再生時、フルセグのデジタル放送視聴時、Web閲覧時……、ARROWS NX F-02Gを使い続けていると、他のスマホを見たときに物足りなさを感じます。目が高解像度に慣れてしまうのです。

141016ArrowsNX-08.jpg

快晴の屋外でも見やすい「スーパークリアモード」の搭載、そして液晶とパネルの間の空気層をなくすことで光の乱反射を防ぐ「Super Clear Panel」の採用により、屋外での視認性はすこぶる快適。屋外でスマホの画面が見づらいということはよくありますが、ARROWS NX F-02Gならば問題ありません。

大画面で高解像度というだけではなく、視認性も高いというのは毎日使うスマホとしてとても重要なことだと思います。

ダウンロード速度

141016ArrowsNX-09.jpg

ARROWS NX F-02Gには、インターネットからのダウンロード速度を約3倍に高速化する独自の技術が搭載されています。

141016arrowsnxise-43.jpg

通常のダウンロードはファイルを分割して順番に1つずつダウンロードしますが、この機能を使うと、サーバに複数リクエストを出すことができ、分割したファイルを並列でダウンロードすることで高速化を実現しています。これは、設定により切り替えることが可能です。

141016ArrowsNX-10.jpg

加えて、3G/LTE回線とWi-Fiの両方を使いダウンロードを安定化・高速化する「マルチコネクション」機能も搭載されています。

141016arrowsnxise-41.jpg

例えば移動時や駅構内などで公衆無線LANの感度が悪くなると、スマホの通信が遅くなるという現象ありますよね? このマルチコネクション機能なら、Wi-Fiの感度が悪くなっても、自動で3G/LTE回線に切り替えて併用するため、通信が安定するという仕組みとなっています。こちらも切り替えが可能です。

この2つの高速化・安定化機能を組み合わせることで、ダウンロード速度が速くなるわけです。

141016ArrowsNX-19.jpg

「マルチコネクション」が有効になっている場合は、ステータスバーにアイコンが表示されます。

しかし、「ダウンロード速度3倍!」と言われても、それだけではよくわかりませんね。そこで、実際にダウンロード速度比較を行いました。

実験条件は次の通り。

●3G/LTE/Wi-Fi環境下でARROWS NX F-02Gを使い、Google Playから約34.5MBのアプリを各条件でダウンロード。

●ダウンロードは、

(1)LTE高速ダウンロード無効
(2)LTE高速ダウンロード有効
(3)Wi-Fi&LTEマルチコネククション・高速ダウンロード無効
(4)Wi-Fi&LTEマルチコネクション・高速ダウンロード有効の4通りで実施。

さあ、それでは実験結果をご覧ください。

(1)LTE高速ダウンロード無効

 1分43秒76

(2)LTE高速ダウンロード有効

 31.59秒

(3)Wi-Fi&LTEマルチコネクション・高速ダウンロード無効

 46.30秒

(4)Wi-Fi&LTEマルチコネクション・高速ダウンロード有効

 19.80秒

どうですか。確実にダウンロードは高速化されています。計測地点のLTE速度がやや遅かったのもありますが、2分近くかかったダウンロードが、20秒ほどになったのはかなり衝撃的。高速ダウンロードは伊達ではないということがわかりました。データ容量に余裕のあるプランの方なら、設定は常時高速ダウンロードとマルチコネクションを有効にしておくのがいいでしょう。

バッテリー

最近のARROWS NXシリーズのウリであるバッテリーの持ち。このARROWS NX F-02Gではスマホでもトップクラスの大容量3,500mAhバッテリーを搭載。省電力機能とあわせて3日を超えるバッテリーの持ちを実現していると謳われています。

単に大容量バッテリーを搭載しているだけではなく、富士通独自の「ヒューマンセントリックエンジン」が効いているようです。これはスマホの利用状況をリアルタイムで把握し、使い方や状況に応じて消費電力の無駄を省くもの。バッテリー持ちに影響を与えているアプリを通知・停止するなど、常にバッテリー消費に気を遣っているスマートな機能なんですね。

141016ArrowsNX-110.jpg

ちなみにさらに「NX!エコ」という機能を使えば、自分の使い方に応じてきめ細かい節電設定ができます。エコモードに入るタイミングを設定できるほか、エコモードの詳細も設定可能です。できるだけバッテリーの消耗を防いで、スマホ生活を楽しみましょう。

使ってみて

実際手にしてみると、大きいなと感じます。本体の縦横サイズはもちろん、厚みも感じます。

しかし、数日持ち歩いているとあまり気にならなくなります。本体に存在感があるため、置き忘れなどもせず、常に手のひらやポケットに入れておく習慣がつきました。

約5.2インチという大画面は、Web閲覧や写真・動画再生、テレビ視聴を快適にしてくれます。

ただし、片手操作はしづらいという印象です。僕はそれほど手が小さいというわけではないのですが、右手で持って親指だけで左上のアイコンをタップしようと思うと、どうしても持ち替える必要があります。

141016ArrowsNX-130.jpg

そんな不便さを解消するため、ARROWS NX F-02Gは「スライドディスプレイ」機能を搭載。ホーム画面右下のアイコンをタップすると、画面全体が下に移動し、アイコンがタップしやすくなります。

これを上手に使えば、片手操作もそれほど苦になりません。大画面ながら操作性を考慮していて、なかなかの好印象です。

動作に関してはほとんどストレスを感じません。3GBのRAMが搭載されているので、その点は安心です。

好きなところ

141016ArrowsNX-14.jpg

結構気に入ったのが、背面のテクスチャー。手のひらにしっかりとフィットして、手から落ちてしまう可能性を低くしてくれているのが好印象。

141016ArrowsNX-15.jpg

あとは、カメラ。約2070万画素の1/2.3型CMOSセンサー「Exmor RS for mobile」と、独自の画像処理エンジン「GRANVU(グランビュー)」、そして5群5枚の高性能レンズにより、スマホとは思えない高精細な静止画と動画撮影が可能です。

141016ArrowsNX-16.jpg

141016ArrowsNX-17.jpg

141016ArrowsNX-18.jpg

過度に味付けされた色味ではなく、自然な感じなのが僕の好みにあっていて、なかなかのお気に入りとなっています。スマホはコンパクトデジカメを超えたと言われていますが、まさにその時代がやってきたと実感しました。

残念なところ

もう少し軽ければ。本体の重量は約166gと、やや重量感があります。このくらいの重さが我慢できないというわけではありませんが、なんとなく重心がレンズ部(本体上部)に偏っている感じがして、バランスが悪いと思うことがありました。落としたときなど、レンズ部から落ちてしまうのではという不安があります。

141016ArrowsNX-20.jpg

あとは、レンズ部の出っ張り。レンズの周囲もテクスチャーでカバーされていますが、かなり出っ張っており、何かの拍子にぶつけたり、引っ掛けたりしてしまうのではと思ってしまいます。

これは、ケースなどをつければ解決できることかもしれませんが、素のままの握り心地が気持ちいい端末だけに、できればケースはつけたくないところです。

買い?

141016ArrowsNX-21.jpg

総合的に見て、「買い」だと思います。おそらくスマホ内でもトップクラスのダウンロード速度とバッテリーの持ちは、実用性を求める方にはいいのではないでしょうか。

また、これだけの性能を持っていて防水防塵仕様なので、あらゆるシーンでフルに性能を発揮してくれるという点もポイント。

デザインが若干男性向けかなと思いますが、シックな佇まいは女性にもマッチすると思います。

正直、文章だけではこのスマホの良さを伝えられないと思います。しかし、一度手にして使ってみると「Super ATOK ULTIAS(スーパーエイトックウルティアス)」の搭載や、独自の高速ダウンロード機能、見やすい大画面液晶ディスプレイ、3日を超えるタフなバッテリーなど、使い込むほどそのよさがわかるスマホです。

141016ArrowsNX-22.jpg

「人と同じスマホはいや」という人にこそ、ARROWS NX F-02Gは使ってみていただきたい。時に速く、時に美しく、そしてタフガイ。なんだか手のひらに最高の相棒を手に入れたような気分です。見た目の派手さはないけれど、確実に使う人の快適さをアップしてくれます

発売は11月中旬予定。現在は予約受付中です。これまで、ARROWS NXシリーズを使ったことがないという方の、「ファーストARROWS」にもいいのではないでしょうか。

source: 富士通NTTドコモ

(三浦一紀)