ティム・クックCEO「Apple Payは、すでに非接触型支払方法のリーダーである」

ティム・クックCEO「Apple Payは、すでに非接触型支払方法のリーダーである」 1

非接触型支払、つまりピっとして済ませるお買い物方法のことですね。

Apple Payがリリースされてまだ1週間とちょっと。しかし、アップルはすでにApple PayをNFC支払界のリーダーであると考えています。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙が開催したイベントにて、アップルのティム・クックCEOが、様々なことに対して語っているわけですが、もちろんApple Payの話もでてきます。そこで、すでにApple Payは100万を超える起動があったことを明かしており、彼曰く他社総合よりも多い数字であると自信を見せつけています。確かに自慢したくなる数であることは間違いありません。しかし、数字に目がくらんで見落としがちなのは、起動の数=購入回数ではないということ。この1週間の動きを見ていると、ユーザー=消費者である私たちに使用を促すよりも、小売店との連携を強めるほうが最優先事項であり、難しい課題なのではないかと思います。

米大手スーパーマーケットであり、反Apple Payの代表とも言えるウォルマートの広報は、Business Insiderでのインタヴューに対して、Apple Payに対応しないことでお客さんの要望に応えているコメントしています。アップルと小売店の間には、Apple Payに対して大きな温度差があるようですが果たして…。アップルと小売店の戦い、しばらく続きそうです。

source: WSJThe Verge

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(そうこ)