時計全体のデザインがカスタマイズできる電子ペーパー腕時計「FES Watch」

141024fes-watch_01.jpg

デジタル化で、ファッションをもっと自由に。

スマートウォッチに本当にハマってる人なら、きっと背景画像や見た目も自分らしくカスタマイズしたくなるはず。でも、FES Watchがカスタマイズできるのは文字盤だけではありません。デザインに飽きたら、E-Inkテクノロジーでいつでも時計全体の見た目を変えることができます。

141024fes-watch_02.jpg

iPadがこの世に登場して安価なフルカラー・タブレットが一般的になってから、E-Inkテクノロジーはほぼ絶滅したかと思われました。しかし、このモノクロ・ディスプレイ技術が輝く場所はまだほかにありました。E-Inkは消費電力が少ないため、FES Watchなら毎晩充電する必要もないし、薄く曲げることができるので、腕時計の文字盤だけでなくストラップ部にも使用することができます。

縫い目のあるレザー風のストラップがついた時計が好きな人は、FES Watchの見た目をボタン一つで簡単に変更できます。また、トラディショナルなアナログの文字盤よりデジタルが好きなら、それもまた可能に。

FES Watchの一番魅力的なところは、これが1デザイナーの単なるコンセプト・デザインにとどまらないところですね。クラウドファンディングのキャンペーンで十分な予算を獲得し、2015年5月発売を目指して活動中です。デザインは24パターンから選べるようですが、これが自分でデザインできるようになるとさらに可能性が広がりそうですね。

source: Takt Project via Fashion Entertainments via designboom

Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文

(Rumi)