Hack-O-Lantern:あのカボチャが今、インタラクティブなオバケとして蘇る…

Hack-O-Lantern:あのカボチャが今、インタラクティブなオバケとして蘇る… 1

「IoTって何だっけ。イノヴェーション・オブ・トリックのことかい?」

年に一度しか日の目を見ない、そして子供が安全に操れるあのオバケ「ジャック・O・ランタン」は、これまで数十年もその姿を大きく変えることはありませんでした。でもね、きっと彼らだってウェアラブル・デバイスに興味津々なはずです。そんなジャックたちのために、このたびLittleBitsはシンプルな電子キットを発表しました。

29ドル(約3,000円)で発売される「Hack-o-lantern」キットは、バッテリー駆動モジュール、LEDモジュール、そして音をトリガーとして動くモジュールのセット。これさえあれば、子どもたちの(あるいはみなさんの)ジャック・O・ランタンに魂が吹き込まれ、「トリック・オア・トリート!」の音に反応して光るようになります。

ハックの内容も単純なら、基盤の組み立ても単純。でも、これでお菓子の獲得コンバージョンは上がれば、オバケ界のボスも子供たちもにんまりですわ。カボチャのランタンを作らない人なら、ハロウィーンの衣装に仕込んでも楽しいかも!

Source: LittleBits via Engadget

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rumi)