あなたの使っているiCloudは本物ですか?

141023icloudreal1.jpg

1度はご確認ください。

データをクラウドへ上げるときに気をつけることといえば、セキュリティやプライバシーの問題でしょう。ともすればすべてのデータを盗まれてしまうことだってあるわけです。そんな事態を懸念してかアップルは、ユーザが本物のiCloudを訪れているかどうか確認できる方法をブラウザごとに説明しています。

アップルはiCloudを通じてユーザ情報を盗み出している、組織的なネットワーク攻撃があることを認識していました。その際ハッカーが利用していたのは、不確かなネットワーク証明書。つまり彼らは、ユーザに偽物のiCloudを本物と認識させることでデータを盗んでいたのです。

ハッカー達に騙されないためにも、以下の方法であなたが使っているiCloudは本物かどうか、きちんと確認しておきましょう。

Safari

Safariで本物のiCloudに接続したら、ツールバーに緑の鍵が見えるはずです。「www.icloud.com への接続は暗号化されています。」と表示されれば安心です。

141023icloudreal2.jpg

Safariはwebサイトの識別情報を検証できません」とでたら、迷わす逃げましょう。

141023icloudreal3.jpg

Chrome

Chromeでは、iCloudに接続したら、緑のアイコンがツールバーにあらわれます。クリックしたら、本物かどうかすぐにわかります。

141023icloudreal4.jpg

この接続ではプライバシーが保護されません」のウィンドウは危険信号なので、戻りましょう。

141023icloudreal5.jpg

Firefox

Firefoxでもツールバーの緑のアイコンに注目です。クリックして、以下のような画面が出たら、大丈夫です。

141023icloudreal6.jpg

接続の安全性を確認できません」と出たら、もちろん立ち去りましょう。

141023icloudreal7.jpg

最後にもう1度。

あなたの使っているiCloudは本物ですか?

source: Apple

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(Tomo)