iOS 8ではiPhoneやiPadが子機になる

141002calk00.JPG

これ便利そう。

iOS 8にはiPhoneの電話番号宛の着信を、Wi-Fi経由で他のiPhoneやiOS 8デバイスに表示し、応答できるという「iPhone Cellular Calls」機能があります。

これを使えば、常にiPhoneを持ち歩かずとも電話を受けられるというわけですね。iPhoneを自室に放置していたとしても、リビングのiPadで着信を知れて、そのまま話せる。うん、便利かも。

141002calk01.jpg

「iPhone Cellular Calls」を有効にするには、

「設定」→「FaceTime」→「iPhoneでの通話」をオン

そして同じWi-Fiネットワークに繋がっており、同じiCloudアカウントに接続されている必要があります。

141002calk02.JPG

着信の様子がこちら。同時にベルが鳴るのではなく、着信がシェアされるまで若干のタイムラグがあります。でも、iPhone 6 Plus宛の着信を古い5sやiPad(Wi-Fi版)で受けることができました。なお、着信をシェアされる側は、SIMは刺さってなくてもOK。解約済みiPhoneでも子機として利用可能です。

141002calk03.jpg

iPadの場合はiPhone経由での発信もできました。家の中がiOSデバイスであふれているアップル尽くしの人をはじめ、買い替えで余ったiPhoneを手放すにはもったいない!という人は、こんな使い方もアリかもね。

source: かみあぷ速報

(小暮ひさのり)