iPad Air 2発表、知っておくべきことすべて

2014.10.17 03:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

141017_ipadair2all.jpg


今日はiPadの日!

アップルが去年発表のiPad Airの第2弾、iPad Air 2を発表しました。見慣れたiPad Airですがより薄くなり、内部のパーツも機能もさらにアップデートされました。


デザイン


iPad Air 2は全体的に今まで見てきたiPad Airと同じように見えるかもしれませんが、その薄さは6.1mmにまでなりました。2台重ねても、初代iPadより薄いくらいです。今回、色展開にはシルバーとスペースグレーに加え、ゴールドがあります。

ホームボタンにはシルバーのリング、Touch IDが搭載されました。これでオンラインショッピングも指1本でできますが、iPhone 6と違ってNFCは搭載されてないので、リアルのお店での買い物には使えません。


141017_ipadair2all1.jpg


スクリーンも新しくなり、ディスプレイとその上のガラスの間にすき間がなくなりました。ディスプレイ自体も反射防止になっています。

内部パーツ


141017_ipadair2all2.jpg


iPad Air 2の中には、64‐bitA8チップがデュアルコアになったA8xチップが搭載されました。またiPhone 6やiPhone 6 Plus同様、iPad Air 2にはモーション・コプロセッサのM8が搭載されています。アップルいわく、A8xチップは効率性が高いので、10時間の使用に耐えるそうです。

よりパワフルなA8xチップによって、たとえばPixelmatorでの4K画像の編集が約2倍の速さで可能です。動画編集アプリReplayを使ったデモによると、iPad Air 2は画像だけでなく動画編集も従来のiPadよりさらにサクサクできるようです。A8xはiPad AirのA7に比べて4倍のレンダリング性能があるらしいです。


141017_ipadair2all3.jpg


カメラ


iPad Air 2ではカメラもアップグレードされました。背面のiSightカメラは800万画素タイムラプス4300万画素のパノラマ、連写モード、スローモーションが撮れます。動画は1080pで撮影できます。


141017_ipadair2all4.jpg


前面のFacetimeカメラもアップグレードされ、A8xチップのパワーで顔認識機能が改善しました。自撮りの連写も、したい方はいつでもできます。


価格

iPad Air 2は16GBモデルが5万3,800円です。ストレージは64GB、128GBと大きくなるごとに1万1,000円ずつプラス、LTEモデルは1万4,000円プラスになります。一方iPad Airは9,000円値下げされ、今後は4万2,800円からとなります。


Eric Limer - Gizmodo US[原文
(miho)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア