iPad Air 2解剖! バッテリー小さいね

141023ipadair2teardown.jpg

いつもながら新商品は即解剖!

新しく登場する製品を分解して、その修理や改造のしやすさをジャッジするiFixit。今回は驚くほど薄く、より美しくなったiPad Air 2を解剖してくれました。

中身を見てみると、バッテリーがかなり小さくなっていることがわかります。前モデルのバッテリーが32.9ワット時だったのに対し、iPad Air 2は27.62ワット時。とはいえ、アップルは前モデルと同じく10時間駆動を謳っています。一瞬なんで? と思いますが、これはプロセッサの進化の賜物。

新たなA8Xプロセッサは前モデルのA7よりも、俄然パフォーマンスと効率化が向上しているので、バッテリーのパワーが落ちても同じ10時間駆動を実現できているのです。

ちなみに、解剖/修理のしやすさという点では、10点満点中2点だったと、iFixitは報じています。

source: iFixit

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文

(そうこ)