iPhoneの充電器を土台にしてパノラマ写真を撮るアプリ

141007_cycloramic.jpg

賢いけどシュールな光景。

iPhoneのヴァイブレーション機能を利用して、自力でクルクル回ってパノラマ写真を撮影するアプリ「Cycloramic」を覚えていますか? iPhone 5・5sの側面がフラットなデザインを活かした技術だったのですが、残念ながらiPhone 6・6 Plusは丸いデザインとなってしまったので、この方法は使えなくなりました…。ウォズも絶賛していましたよね。

「もう使えないじゃん!」と思いきや。その問題は、iPhoneにとって一番身近なあるモノで見事解決され、「Cycloramic for iPhone 6」として戻ってきました。

日本やアメリカで使われているA型のiPhone充電器のプラグの間にiPhone 6を挟んで撮影ボタンを押すと、自分の力で器用に360度回転するんです。しかも3秒という早業。

残念ながらこの機能は、前のヴァージョンである「Cycloramic」には対応しておらず、既にアプリを持っていても新ヴァージョン「Cycloramic for iPhone 6」を200円で購入する必要がありますよ。

前ヴァージョンと同じく、花崗岩や大理石、木でできた平らな場所でしか機能しないので注意してください。iPhone 6Plusには対応していません。

source: iTunes via Cult of Mac

(徳永智大)