走り続けるスポーツ選手向けに開発されたスマートメガネ「JET」

走り続けるスポーツ選手向けに開発されたスマートメガネ「JET」 1

10年後のツールドフランスで選手が着けててもおかしくなさそう。

日常生活でならポケットからスマートフォンを取り出したり、腕に着けたスマートウォッチを確認するのは簡単ですよね。でも自転車やランニング、トライアスロンといった、継続して走行し続けないといけないようなスポーツでは、スマートフォンやスマートウォッチをいちいち確認するのは面倒です。

そこで、走っていても常に現在の状況を把握しておけるスマートメガネ「JET」がRecon Instrumentsにより開発されました。軽量なスポーツサングラスにデュアルコアプロセッサ・高解像度のディスプレイ・カメラ・タッチパッド・各種センサ・ネットワークシステムを備えた、スポーツに特化したハイテクなスマートメガネです。

JETに搭載されたGPS・9軸センサ・気圧センサ・温度センサを使うことにより、速さや距離、傾斜角などを目前のディスプレイに表示します。ANT+やBluetoothを備えた、主要な心拍モニタやパワーメータ、ケイデンスセンサにも対応しています。グローブでも操作可能なタッチパッドを使って、走行中でも好きな情報を表示させることが出来るんです。

iPhoneとAndroidに対応しているので、着信やメール通知なども表示できます。HDカメラで720pの動画撮影も可能ですよ。バッテリー寿命は4〜6時間で、使うアプリや接続するデヴァイスによって異なるそう。カラーバリエーションは白と黒色のみ。

走り続けるスポーツ選手向けに開発されたスマートメガネ「JET」 2

現在予約販売を行っていて、価格は1台599ドル(約6万5000円)です。発送は2015年の第一四半期となるようです。オークリーがウィンタースポーツ向けヘッドマウントディスプレイ内蔵のゴーグル「Airwave」を発売していましたが、やっぱりスマートメガネはスポーツの方が合ってるのかも。

日常ではまだちょっと恥ずかしいけど、スポーツの場面でなら活用してみたい。

source: Recon Instruments

(徳永智大)