Mac30年の進化のすさまじさがひと目でわかる画像

Mac30年の進化のすさまじさがひと目でわかる画像 1

思えば遠くへ来たもんだ。

5K解像度(5,210×2,880ピクセル)のとてつもないディスプレイを搭載した新型iMac発表されました。

上の画像を見てください。

ぱっと見では「なにこれ?」という感じですが、左下に白い四角い部分がありますよね。これは、アップルが30年前の1984年に発売したコンピュータ「初代Macintosh」の解像度をiMacの画面にはめ込んだイメージです。

初代Macintoshの画面解像度は512×342。テキストを打つくらいには十分使える気もしますが、新型iMacの5K解像度ディスプレイと比べるとまさに巨人と小人。ちなみに、新型iMacはピクセル数では84倍、80個の初代Macintoshのディスプレイを中に並べることができるんだそうです。

ただ、最近は4K解像度のコンテンツを取り扱うことも増えているので、新型iMacのスペックは妥当な気もします。これなら4Kビデオをドットバイドットで表示しながら編集、なんて離れ業もできちゃうわけです。テクノロジーとコンテンツの二人三脚の進歩の速さには驚かされるばかりですね。

source: Things of Interest

(塚本直樹)