MasterCard、指紋センサー付クレジットカードを発表

MasterCard、指紋センサー付クレジットカードを発表 1

非接触型カードの利点は非常に明確。端末にクレジットカードやデビットカードをかざすだけで決済が完了します。でも、本人確認のPINコード入力が必要なくなると、誰かがカードを盗んで不正利用しやすくなるのが懸念点として挙げられますよね。

そこで、非接触カードの便利さを損なわずに安全性を高めるため、MasterCardは生体認証セキュリティを採用した世界初「指紋センサー搭載カード」を発表しました。

非接触カードを使って買い物をするときは、カードの持ち主が自分の親指を生体認証センサーに当てた状態で決済します。もし事前登録された親指の指紋が検出されなければ、非接触またはチップによる決済は通らない仕組みとなります。至ってシンプルですね。

MasterCard、指紋センサー付クレジットカードを発表 2

この技術を支えるZwipe社は、ノルウェーでバッテリー搭載型のプロトタイプを使った試験運用が成功したことを受け、2015年にはMasterCard向けに新バージョンをリリースする予定。

いまお財布に入っているのと同じくらい薄くて柔らかいカードを実現するために、次バージョンは決済時に端末から電源が供給されるかたちとなります。そのため、買い物すればするほど電源が供給されて動きがよくなるようです。生体認証による決済は、これから各社ともニュースを賑わしそうです。

source: Zwipe via Pocket-lint

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(Rumi)