MCXグループのMeijer、Apple PayとCurrentCの併用を発表

まだまだ収束しなさそう。

ここ数日ホットなApple Pay対CurrentCの戦争に、新たなニュースが加わりました。なんとApple Payに反旗を翻した、MCX(Merchant Customer Exchange、CurrentCをサポートするコンソーシアム)の一員であるアメリカ南西部を拠点としたチェーン店Meijerが、引き続きApple Payにも対応することを発表したとのことです。

この戦争はMCXに属する大手チェーン店が、Apple Payの使用をサポートしないと発表したことから幕を開けました。MCXには今の所、世界最大の小売チェーン「ウォルマート」、米小売第2位の「ターゲット」、7,700店舗を抱える米薬局最大チェーン「CVSファーマシー」それに「ライト・エイド」(約4,570店舗)が参入を発表しているそうです(「CVSファーマシー」と「ライト・エイド」はApple Payからの乗り換えを先日発表しました)。MCXは独自のモバイルデバイス支払いシステムCurrentCを開発し、Apple Payに対抗しようとしていますが、それがなんとも言えない酷い仕上がり。サインアップの時点で、銀行口座情報の登録を要求されるやら(クレジットカード会社に払う手数料を節約したいのでしょうか)、支払いはQRコードを使うやら、なんとも面倒なシステムを利用しているんです。使い方がとても簡単なNFC対応のApple Payに比べ、このCurrentCはちょっと酷すぎます。

問題はまだまだあります。まずMCXグループの店では、既存のApple Pay対応のシステムがあるにもかかわらず、わざわざこちらのCurrentCに乗り換えるということ。そして、まだ実際の使用が始まってないにもかかわらず、すでにハックされてしまったことなど、とにかく問題が尽きません。

というような状況下で、今回のニュースが飛び込んできた始末です。実はニューヨーク・タイムズ紙が報じたところによると、すでにCurrentCと契約している業者は、Apple Payの導入が契約違反にあたるといわれています。にもかかわらず、213店舗を抱えるMeijerは、今後Apple PayとCurrentCを併用していくようです。MLiveによると、MeijerのスポークスマンGuglielmiさんは、

同チェーンが今まで使ってきたシステムを取り除いたり、使えなくしたりするようなことはしないつもりだ
と語っているそうです。

消費者からすると、どこのチェーンでもApple PayとCurrentCを併用してもらったほうが、払いやすいのになーっとか思ってしまいますが、それは禁句なのでしょうかね。

source: MLive

Mario Aguilar - Gizmodo US[原文

(Tomo)