買収完了、MotorolaはLenovo傘下になりました

    買収完了、MotorolaはLenovo傘下になりました 1

    新しいMotorolaもどうぞよろしく。

    今年始めに、LenovoがグーグルからMotorola Mobilityを29億1万ドル(約3,100億円)で買収すると発表しました。その買収劇がついに完了し、Motorolaがグーグルから離れて正式にLenovoのものとなりました。

    Lenovo傘下となった後も、Motorolaは今までどおりシカゴで運営を続け、名前も残ります。MotorolaのRick Motorola会長は、「代表的なMotorolaというブランドは残ります。MotoやDROIDといった今まで私たちを支えてきたブランドもそのまま残ります。これからも純正Android端末と、より早いアップグレードに注視し、消費者の問題を解決するため技術発展につとめてまいります」と公式コメントをだしています。

    グーグルがMotorolaを125億ドルで買収したのが2012年のこと。その目的はさまざまな特許技術にあると言われていました。買収によって多くの特許を手にしたグーグルは、金銭面で厳しい現状にあるハンドセットビジネスをLenovoへとパスしたわけです。

    Motorolaがグーグルで開発した最も印象深い端末と言えば、Moto Xでしょうか。Lenovoに行ってからも、素晴らしいAndroid端末開発を続けて下さい。新たなスタートです。

    source: Lenovo, Motorola

    Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

    (そうこ)