マイクロソフトがスマートウォッチの手書き入力アプリを開発中

グーグルの「Android Wear」スマートウォッチプラットフォーム向けに、マイクロソフトが本腰を入れて開発してきている…ってちょっと意外な気もします。

Microsoft Researchが「The Analog Keyboard Project」のプロジェクト名で、スマートウォッチの小さな液晶ディスプレイでも使いやすい、画期的な手書き入力アプリを公開してきましたよ。画面が小さいとタイピングは厳しいですからね。

これまでもスマートウォッチ界隈では、ミニソフトウェアキーボードアプリが開発されていました。しかし、スマホ等と比較すると極端に小さい画面のため、いずれも指先で器用にタッチするのが難しすぎてヒットしていないように思えます。

タイピングの他には音声によって文字入力をすることも考えられますが、こちらも課題は多いです。たとえば腕時計に向かって話しかけるのがはばかられるシーンや、そもそもの認識精度のレベル、あるいは話し言葉とメール独特の書き言葉の表現が違うなどなど、スマートウォッチのタイピング手法としては現段階におけるベストアンサーとは言えません。

手書き入力は、たとえバックグラウンドの騒音が気になる場所でも、音声認識よりもスマートに使える利点がある。また、小さなタッチスクリーンが多数のキーで埋まってしまうソフトウェアキーボードとも異なり、手書き文字入力は、ほぼ画面全体を使って一文字ずつタイプできる。そのため、各文字を小型デバイスでも快適に入力可能となる。

実のところ、世の中にはスクリーンに目を向けることなくタイピングできる手書き入力システムさえ存在している。さらに、手書き入力のUIであれば、人気が出始めている丸型ディスプレイのスマートウォッチにも、設計面でほとんど変更を加えることなく対応できる。

Microsoft Researchは、こんなふうに新開発の手書き文字入力アプリを紹介しつつ、幅広いフィードバックも受け付けているようです。現在のところ、対応しているのは小文字のアルファベットのみですが、今後は大文字入力もできるようになるでしょう。とはいえ、検索ボックスやSMSの返信欄などの文字入力エリアをタッチするとスムーズに起動し、数字や顔文字まで入力できるなど、なかなか使い勝手はよさそうですよ~。

280×280ピクセルを下回る低解像度のディスプレイには未対応だったり、バッテリ消費が激しいなど、このシステムはまだプロトタイプ段階。今後も着実に開発を進めて、早期の正式リリースに期待したいですね。現時点ではAndroid Wear向けにのみ公開されそうですが、さすがにApple Watchにまで対応してきたりはしないかな? それとも、もしやマイクロソフトからWindows OSを載せたスマートウォッチがリリースされたりするのかもしれません。

source: Microsoft Research via The Verge

Darren Orf - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)