でかスマホは市民権を得るか。モンスタースペックなNexus 6

141015-N6-hero-1600.jpg

iPhone 6 Plusに対して、真っ向からがっぷり四つに組んできました。

予想通り、Googleは大型のスマートフォン「Nexus 6」を発表しました。まずはざっと、スペックを見ていきましょう。

ディスプレイ:5.96インチ1,440×2,560ピクセルディスプレイ(493ppi)

電池:3220mAh

カメラ:13メガピクセル前面カメラ(光学式手ぶれ補正機能)/2メガピクセル背面カメラ

CPU:Qualcomm SnapdragonTM 805 - クアッドコア2.7GHz

GPU:Adreno 420

メモリ:32 GB/64 GB

ボディサイズ、質量はまだ未公開ですが、ベゼルのサイズを踏まえると、iPhone 6 Plusよりもうちょっと幅がありそう。

141015-N6-moreeverything-1600.jpg

しかしモバイルPCがクロック数1GHz台の低消費電力版CPUを採用しているのに、「Nexus 6」のCPU2.7GHz。またGPUも4K出力を難なくこなせるAdreno 420で、かなりのハイパワーっぷりとなっています。

ベンチマークとってみないとわかりませんが、i5クラスは駆逐しちゃうんじゃないですかね...。

141015-N6-camera-1600.jpg

カメラもまたスゴい。1,300万画素×f2.0レンズ光学式手ぶれ補正機能つき。プリインストールされているGoogleカメラで、一眼カメラ級のボケ味も楽しめます。

Nexusシリーズは、その時代の最新版Androidをこよなく愛せるような設計になっていました。そしてNexus 6は最新のAndroid 5.0 L(Lollipop)を搭載。今までにも大型モデルの多かったAndroidですが、Google御大自ら「大は正義」とアピールしてきたということでしょうか。

source: Google

(武者良太)