世界初。日本が舞台のOK Go新MV、ついにギズモードにて独占で全編解禁!

141027okgo00.jpg

こんなにワクワクした5分間の映像、見たことない。まさに史上最高のMV。

毎回、見る者をあっと思わせるMVを展開するロックバンドOK Go。本物の車をドミノに見立てたり、巨大ピタゴラスイッチ装置を作るなど、そのクリエイティヴはカンヌ国際広告祭で金賞を受賞するほど。

広告賞…? そう、彼らは自分たちのMVを制作するにあたって企業とのコラボレーションをすることがあるんです。

141027okgo01.jpg
メンバーのダミアン(右)とティム(左)。ホンダのパーソナルモビリティUNI-CUBに乗っています。

そして今回、ニューアルバム「ハングリー・ゴースト」のリリースに合わせて撮られた最新MV「I WON'T LET YOU DOWN」の舞台はここ日本。コラボレーターはホンダです。

クリエイティヴディレクターはドコモの「森の木琴」でもお馴染みの原野守弘さん、共同監督はOK Goのリーダー、ダミアンと、PerfumeのMVなどを担当する関和亮さん。ダンスは振付稼業air:manが手がけるなど、まさに日本にフォーカスした内容になっています。

141027okgo02.jpg

141027okgo03.jpg
制服を着た女学生たちがたくさん。CGじゃないなんて…信じられない。

そんなテンションあがらずにはいられないMVを、ギズモード・ジャパンにて独占で取り上げさせていただくことになりました! では、とくとご堪能あれ。

OK Goとしては定番ですが、ワンカットで撮影されているんだそうです。総勢約2,400名のダンサー(メンバー含)によって、傘でアートを描くこの動画。原野さんはこのコンセプトを「史上最大のワンカット」と語っていました。つまり、すべてが切れ間なく続いている映像なのです。これだけ大規模な集団アートはいったいどうやって作られたのでしょうか?

141027okgo04.jpg

このたびギズモードでは、OK Goのメンバー、そして原野さんにお話を伺ってきました。追って記事を公開するので是非ご覧ください。ちなみにアルバムは下の動画で全曲視聴できます。

日本らしさがどことなく伝わるMV。それはクリエイティヴ・チームがOK Goと接する中で「彼らにとって日本自体がワクワクする場所なんだ」と感じ、そのイメージを織り込ませていったそう。日本ってこんなに楽しそうな場所でしたっけ。OK Goに自分が住んでいる国の魅力を改めて教えてもらったような気さえします。

最後に、ダミアンが日本で買ったお気に入りのアイテムで締めさせてもらいます。

ちなみにこのリングは、原野さんが運営されているHotel Japanで買ったそうですよ。ダミアンは、気に入り過ぎて全文字の特注品をオーダーしたんだそう。

…それにしても、MVの冒頭に出てくるメイク担当の女の子たち、いい香りがしそうですね。

source: OK Go, ビクターエンタテインメント

(嘉島唯)