PhotoshopがグーグルのラップトップChromebookで使えるように

PhotoshopがグーグルのラップトップChromebookで使えるように 1

グーグルとアドビのコラボ。

Chromebookでアドビの製品を使えるクラウドサービス「Creative Cloud」を使えるようにするプロジェクトが進行中です。最初に対応するのは画像編集ソフトウェアのAdobe Photoshopから。

Chromebookの中にインストールするのではなく、Google DriveやGmailと同じように、グーグルのWebブラウザ「Google Chrome」上で動くストリーミングバージョンとなるので、オンライン環境は必須だと思われます。またCreative Cloudとの表記なので、今後は写真管理ツール「Adobe Photoshop Lightroom」や「Adobe Illustrator」なども対応していくのではないでしょうか。9月30日(火)現在、ベータバージョンの登録を受け付けており、対象は北米に住む学生・教職員で、Creative Cloudのメンバーシップになっているユーザのみ。

Chromebookは、Google Chrome OSを搭載したラップトップで、価格の安さとスペックの高さが人気です。アメリカでは既に個人向けの販売がされていて、日本でも今年の7月に法人・教育市場向けに発売されました。日本で個人向けの販売が始まるころにPhotoshopやIllustratorが使えるとなると、Windowsを搭載したラップトップのライバルとなりそうですよね。

source: Google Chrome Blog, Adobe via Geek

(徳永智大)