グーグル新プロジェクト? 小ディスプレイをスイミー的に組み合わせて超大画面に

2014.10.06 13:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

130919google-cookie.jpgのサムネール画像


小さい魚でも集まれば、巨大魚になれるっていうあの絵本に似てますね。

プレゼン用などに巨大スクリーンが欲しい時、インパクトのある大画面でビデオを再生したい時などなど、この部屋とあの部屋に転がってるディスプレイをつなげてビッグスクリーンに変身させられたら?

そんな願いをかなえる極秘プロジェクトが、「Google X」ラボにて進行中だと、WSJの報道によって明らかにされていますよ。先頭に立つのは、世界中の子どもたちへ格安パソコンを配布しようとのコンセプトで話題になったOLPC(One Laptop Per Child)プロジェクトの共同創設者で、マサチューセッツ工科大学(MIT)教授でもあったMary Lou Jepsen氏。多数のディスプレイをモジュラー構造でつなぎ合わせながら、まるで1つのビッグなスクリーンへと簡単に仕上げてしまえるテクノロジーの開発が進んでいるんだとか。

このプロジェクトに詳しい情報筋によれば、開発チームが取り組んでいる課題の中でも、視聴者が(ディスプレイをつなぐ)モジュールのボーダーになっている縁を気にすることなく見ることができるように、いかにしてディスプレイモジュールでシームレスなビッグスクリーンを組み上げられるかが大きなとなっている。

いまだ同プロジェクトは初期段階にあり、グーグル社内でも公にはされていない極秘の状態にあるが、技術的な壁の高さも、そのいち要因となっているようだと伝えられている。

WSJの報道に対して、グーグルは一切コメントしておらず、このシステムに必要なディスプレイ数や、組み合わせられてできるビッグスクリーンの解像度なども定かではありません。

ただ、日頃は各デスクトップで使用されている小型ディスプレイが、いざという時だけ巨大なディスプレイの一部に活用可能になれば、とても便利ですよね。


source: WSJ

Robert Sorokanich - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • PLANEX DANBOARD USB HUB DB-HUB01 バスパワー USB2.0/1.1 4ポート USBハブ
  • プラネックス
・関連メディア