まるで映画の1シーンのような最新の車止めガードが完成

これこそ世界最強かも。

テキサスA&M運輸研究所は、新たに設計された境界セキュリティデバイス(車止め)の衝突試験を実施し、その強さを示しました。

約6トンのトラックを約時速80キロで車止めに衝突させた試験では、運転席部分をを真っ二つにするほどの頑丈さがわかります。

この車止めは高さが42インチ(約1メートル)、幅が15フィート(約4.5メートル)のパイプ状であり、分厚いコンクリートに18インチ(約46センチメートル)埋まっています。しかも、材料は世界のどこででも入手可能となっております。

作った目的は、大使館他の重要施設を保護するためであり、車両の侵入荷台及びその貨物の通過を防ぐためであります。

ただ、屈強だからといって、近くにいると当たってしまうので、突っ込んできたらとりあえず逃げましょう。そして凄すぎて、たぶん一般道路では使用不可だろうな。

source: テキサスA&M運輸研究所

(okeyuhi)