クラリオンのフルデジタルスピーカーからフルデジタルヘッドフォンが誕生

クラリオンのフルデジタルスピーカーからフルデジタルヘッドフォンが誕生 1

シューティングゲームの敵キャラ感が漂いますが、マジメなアイテムです。

ボイスコイルリード線が6組という、アバンギャルドな構造のスピーカーはクラリオンフルデジタルスピーカー01DRIVE」シリーズのもの。すでにリリースされているモデルですが、帯域ごとに分けた6つのボイスコイルをデジタル信号のまま駆動するシステムです。

普通のカーオーディオより8分の1も低消費電力。駐車/停車中に音楽を聞いてもバッテリーの負担にならないんですね。

クラリオンのフルデジタルスピーカーからフルデジタルヘッドフォンが誕生 2

その「01DRIVE」の技術を使ったUSBヘッドフォンも開発しているんですって。スマートフォンやタブレットと直結しても「接続中のアクセサリは消費電力が大きすぎます」と表示させないための低消費電力なアーキテクチャかー。おもしろそう。

現状は24bit/192kHzまでのハイレゾ音源をネイティヴに再生できます。DSDへの対応は考慮中とのこと。

クラリオンのフルデジタルスピーカーからフルデジタルヘッドフォンが誕生 3

ハウジング側の端子はmicroUSB。Androidスマートフォン用の各種ケーブルがそのまま使える仕様でした。

まだ試作品で、遮音性は正直微妙なところも(というか周囲が賑やかすぎた。イヴェント会場ゆえ仕方ないのですが)。でも環境音に微細音がマスクされつつも、細かい音がきちんと定位していて分解能の高さは期待できそう。

ガチヘッドフォン好きの方はすでに美音なUSB DACやヘッドフォンアンプを導入しているでしょうが、良質な音周りをワンボディでこなすフルデジタルヘッドフォンという存在は気になるはず。市販機が完成したらレッツ試聴!

source: クラリオン

(武者良太)