外の天気を小さな箱の中に再現してみよう

Tempescope_1016.jpg

幻想的で、ずっと見ていたい。

天気を確認するアプリはスマホにいろいろあるけれど、もっとオシャレに天気を確認したい。日本人研究者の河本健さんが開発した「Tempescope」はそんな願いをかなえる、まるで外の天気を切り取って小さな箱の中の再現したような、魅力的なガジェットです。

Tempescopeは箱のなかに雨・曇・カミナリを再現することができます。なにはともあれ、上の動画を再生してみてください。綺麗で幻想的で、見ていると時間が経つのを忘れてしまいそうですね。

材料はアクリルとポンプ、霧のディヒューザー(発生装置)、LEDランプ、そして「Arduino」という制御用の小型コンピュータです。PCやスマートフォンアプリと連携して、1時間毎の天気予報をダウンロードして再現することができます。

本体は組み立て式オンラインから設計図と組立方法のマニュアルがダウンロード可能です。さらに、現在クラウドファウンディングを利用したOneMeとの商品化に向けた共同プロジェクトも計画中となっており、来年には自分で組み立てなくても気軽に購入できるようになるかもしれません。

もっと欲を言えば、こんなふうに実際の天候も変えられたらいいのにな。

source: Tempescope via Product Hunt

Sean Hollister - Gizmodo US[原文

(塚本直樹)