小ぶりな水筒サイズ、持ち運びできる小さなハンドエスプレッソマシン

カフェインを美味しく摂取。

持ち運べる小さなエスプレッソマシンだから、ミニプレッソ。その名前と同じく、使い方もとてもシンプルです。小ぶりの水筒程度のサイズのボディは、それぞれがパーツに分かれており、手動でエスプレッソをいれるというもの。ミニプレッソの他に、エスプレッソ用の粉と熱湯を別にいれておく必要あり。それでも、電源いらずで外で美味しくエスプレッソが飲めるのは嬉しいですね。淹れる時間もリフレッシュになるもんね。

39ドル(約4,000円)で、ネタ元にてただ今予約受付中。

source: Wacaco

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(そうこ)