20日に火星へ大接近! 太陽系の果てから彗星がやって来る

こんな歴史的イベントに会えるとは!

明日10月20日、太陽系の果てからやって来た彗星が火星に大接近します。

この彗星は、サイディング・スプリング彗星と呼ばれ、2013年1月に発見されました。秒速53キロメートルで進んでいますが、太陽系の果て「オールト雲」から火星にやって来るまで何百万年もかかっています。最接近時の火星との距離は約14万キロメートルです。これは地球と月との距離の約3分の1に相当し、一時期は衝突の可能性も考えられていました。

こちらに、火星から彗星を観測した場合のシミュレーション動画があります。

NASAではこのイベントを記録するためにあらゆる用意をしています。

オールト雲から彗星がやって来ることはめったにありません。サイディング・スプリング彗星が太陽系中心部を通過するのははじめてなので、科学者たちは彗星に含まれる成分や彗星から出るガスやチリが火星の大気に及ぼす影響を観測しようとしています。NASAではハッブル宇宙望遠鏡や地球上にあるたくさんの機器を使って、接近の前後を観測するつもりです。この彗星の接近のおかげで、オールト雲の彗星や火星の大気、初期の太陽系の構成など多くのことがわかるようになるでしょう。

また、火星の大気に守られているため、火星表面上にいる火星探査機キュリオシティには危険はありません。しかし、火星の周囲をまわっている探査機に影響があるかもしれないと、NASAは言っています。探査機のひとつ、メイヴンが含まれているシミュレーション動画がこちらにあります。

NASAによる解説付きの動画もあります。

太陽系の果てからやって来たなんて、ロマンがありますね。接近によってどんなことが起きるのか、楽しみです。

Jesus Diaz - Gizmodo SPLOID[原文

(谷垣友喜)