電気自動車の常識を覆す世界最大のバス

電気自動車の常識を覆す世界最大のバス 1

クリーンで静かに堂々運行!

電気自動車は、航続距離や充電時間などに難があるのでガソリン車よりも扱いにくい……そんな固定観念を打ち砕く巨大電動バスが姿を現わしましたよ。

米国テキサス州ヒューストンで開催された「2014 American Public Transportation Association Expo」にてデヴューを果たした「Lancaster eBus」は、連結車両デザインの全長60フィート(約18.3メートル)というビッグサイズな電動バス車内に、最高120名もの乗車が可能。如何せん、短距離をコンパクトにしか運行できないイメージの強い電気自動車両ではあるものの、開発元のBYD Motorsによれば、電気自動車として世界最大サイズに位置づけられるLancaster eBusは、フル充電すると170マイル(約274キロメートル)の連続走行が可能とアピールされていますよ。

Lancaster eBusの充電は長くても4時間で済むため、バス会社による大量配備も問題ないんだそうです。これからは公共交通の電化が加速する流れになるのかな?

source: BYD Motors via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)