Retina MacBook Airはいつ来るの? いつ?

141017_mbaretinamada.jpg

今回も来なかったね…。

MacBook Airは素晴らしいコンピュータです。というか、ベストのひとつです。デザインもビルドのクオリティも比肩するものはなく、真似もできません。MacBook Airがあったから、超スリムなラップトップというカテゴリが生まれました。が、今の基準から見ると、そのスクリーンはもうかなり遅れています。そしてもうすぐアップグレードされそうな兆候もありません。

Retina MacBook Airは、ほとんど全Macファンのウィッシュリストにもう何年も載っています。それさえなければ完ぺきなMacBook Airにおいて、唯一残念な部分になっています。一方MacBook Proはというと、2012年2013年、そして2014年とRetinaモデルが登場・アップグレードされていて、MacBook Air派にとっては嫉妬がつのるばかりです。

MacBook Airが最初に出たときは、Retina MacBook Proが出た時点でも、Retinaの解像度を求めるのは高望みのように感じられました。そして、高望みしないメリットもありました。というのは、Retinaくらい多くのピクセルを動かすには相当の負荷がかかるし、さらにバッテリーもどんどん減ってしまうからです。

でもそれから状況は変わりました。インテルの新しい(って今はそこまで新しくないですが)Haswellプロセッサ(MacBook Airにももう搭載されてる)では、Retina級のスクリーンをMacBook Airサイズのバッテリーでも無理なく動かせるようになったんです。

さらに、他のMacBook Airサイズのラップトップでも、Retina並みの解像度を持つスクリーンを搭載してるんです。それらすべて、Windowsマシンです。というか、ほとんどすべてのラップトップメーカーがそんな端末を作ってます。ちょっと並べただけでこんなにあります。

レノボ Yoga Pro 2:QHD+ 3200 x 1800(2013年10月)

サムスン ATIV Book 9 Plus:QHD+ 3200 x 1800(2013年9月)

ASUS Zenbook UX301LA:WQHD 2560 x 1440(2013年11月)

東芝 Kirabook:WQHD 2560 x 1440(2013年5月)

Acer Aspire S7: WQHD 2560 x 1440(2013年8月)


それから、明らかにMacBook Airの対抗機であるSurface Pro 3も、2160 x 1440のタッチパネルを搭載してます。Retinaにはちょっと届かないものの、タブレットでありながらMacBook Airの1440 x 900(13インチ)をずっと上回っています。

でも、望みがないわけじゃありません。って、もうずーっと言い続けてますが、本当に間もなく来るはずなんです。たしかにアップルはインテルの次世代チップBroadwellを待ってるのかもしれませんが、イベントがあるたびに、MacBook Air Retina版がそこにないのが悲しくなります。

そしてMacBook Air Retina版が登場するまでは、今のMacBook Airにアップグレードしちゃうのはギャンブルになります。次のモデルでRetinaになるかも…と思うと、つい買い控えたくなってしまいます。ぜひアップルにもそのへん考慮していただいて、早くRetina MacBook Air、出してもらいたいものです…。

Eric Limer - Gizmodo US[原文

(miho)