RS-232C機器をワイヤレス化できるアダプタ

RS-232C機器をワイヤレス化できるアダプタ 1

なつかしいっすね。

コレガから、RS-232Cを無線LAN接続に変換できるアダプタ「CG-SCWL201」が発売されます。RS-232Cは、「D-sub 9ピン」などと呼ばれることも。昔は「Atari 2600」のジョイスティック端子として使われたり、PC-9801のパスマウスコネクタとしても利用されていました。

一般的にはあまり見かけなくなりましたが、現在でもラベルプリンタ計測器産業用ディスプレイ医療機器などで採用されています。

これらの機器を無線LAN接続にして、複数のパソコンから接続したり、ケーブルレスで離れた場所から利用することができるようになります。

これ、必要な人にはとてもうれしいアダプタじゃないでしょうか。

価格は3万1752円(税込)。10月中旬より発売予定です。

source: コレガ

(三浦一紀)